「一生懸命やった中では、勝っても負けても価値は同じなんです」/ 横浜 渡辺元智監督

世の中や自分自身が求めているものが結果であることが多いため、人々は自然と優れた数字やレベルの高い成果ばかりを追求してしまう傾向にある。

もちろん、何事も結果を出すことは必要であり、素晴らしいことではあるが、周囲が認めたり高い評価をする結果ばかりが価値のあるものではない。

結果の善し悪しに関係なく、目標に向かって熱意や気持ちを込めて努力に汗を流したり、高い意識を持って鍛錬に励むといったプロセスにこそ、結果以上の価値がある。

そんな考えから、横浜高校を指揮していた渡辺元智監督は、全国制覇という夢を叶えるために日々こなす練習を、一生懸命励むよう促して指導していた。

渡辺監督は指導者として、横浜高校を全国レベルの強豪校に育て上げたことに加え、春夏連覇やプロ野球を多数輩出するなど、様々な結果を残していた。 

しかし、全ての教え子やチームが夢を叶えられたわけではなく、長い指導歴では、甲子園出場を果たせなかった選手たちも決して少なくなかった。

それでも、高校野球では満足のいく結果が残せなかった選手たちも、毎日一生懸命に努力に励んでいたことから、社会やその後の人生で活躍したり評価されていたため、結果の出ない選手を否定するようなことはしなかった。

野球で勝ちを目指しながらも、野球を通して価値を身につけさせ、野球人としてではなく人として育て上げる渡辺監督のスタイルは、チームの伝統としてこれからも受け継がれていく。

↓渡辺元智監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「一生懸命やった中では、勝っても負けても価値は同じなんです」/ 横浜 渡辺元智監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です