「正しく物事を捉えて、正しく積み上げていけば、正しい方向に進んでいく」/ 米子東 紙本庸由監督

20年以上も甲子園から遠ざかっていた、中国地方を代表する名門、米子東を復活へと導いた紙本庸由監督

そんな伝統校の復活劇の裏には、紙本監督の科学的根拠に基づいた指導があった。

高校野球界には、根性論や精神論といった気持ち次第で結果を残せるという考えが長い間主流となっている。

もちろん、気持ちが結果に全く繋がらない訳ではないが、理不尽や非効率なことだけをひたすら続けていは、結果はもとより成長すら得られない。

そうした事実から紙本監督は、科学的根拠を重視し、チームや球界にあった伝統を見直すところからスタートした。

就任当初は、慣れないスタイルに選手たちも戸惑っていたが、時間とともに練習量より生産性を意識することが根付き始め、チームは成長し始めた。

中でも、敢えて休みを確保したことは、練習や試合の日の集中力やパフォーマンスを高める結果に繋がった。

また、県内屈指の進学校である選手たちの頭脳を野球にも活かすために、自主性を取り入れたことも良い効果をもたらした。

間違った努力を徹底して排除し、 そのスタンスを新たな伝統として確立する紙本監督に導かれ、米子東は更なる飛躍を目指す。

↓紙本庸由監督の記事はこちら↓

米子東の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です