「試合に負けても勝負に勝て」/ 如水館 迫田穆成監督

野球というスポーツは、相手より圧倒的に力が劣って、安打の数が下回っていたり、三振の数が多くとも、スコアボードの数字で1点でも上回っていれば勝利となる。

そのため、力がないチームでも、試合で常時劣勢でも失点を極力抑え、少ないチャンスを活かすことができれば、勝利の可能性は高くなる。

一方で、優勝候補と称されたりスター選手が揃っていてるようなチームも、例えどんなに試合内容が優れていても、スコアで勝たなければ負けとなる。

そんな野球の本質を理解し、力ではなく頭を使った野球で全国制覇へ導いた実績を持つのは、広島商業如水館などで指揮を執った迫田穆成監督 である。

迫田監督は、「知将」と称されるように、頭脳を駆使した策戦で全国レベルの強豪校や、超高校級として注目を集めている選手たちを攻略していた。

もちろん、監督だけが頭を使っていては試合時には対応できないため、選手たちにも日頃から能力をつけるのではなく、能力をどのように生かすかを考えさせるなど、頭脳を鍛えさせていた。

能力の高さに関係なく、持っている力でベストを出させ結果を残すといった迫田監督の野球は、指導をした高校に伝統として受け継がれている。

↓迫田穆成監督の記事はこちら↓

如水館の記事はこちら。

【関連】広島商業の記事はこちら。

【関連】広陵高校の記事はこちら。

「「試合に負けても勝負に勝て」/ 如水館 迫田穆成監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です