「しんどい思いをして人の痛みはわかるもの」/ 明石商業 狭間善徳監督

人はそれぞれ価値観や考え方、立場や感受性などに違いがあるため、大多数が納得する意見や主張であっても納得や共感が得られないことがある。

そのため、何かしらの指示を出す場合には、自身の考えや価値観だけを押しつけるのではなく、相手の立場や感受性といったものも考慮しなければならない。

その一方で、指示や意見を受け取る側の人も、相手に甘えるだけでやく、意見を理解しようとしたり、主張を分かろうとする努力をしなければならない。

そんな考えから明石商業を指揮している狭間善徳監督は、選手たちの立場や意志を尊重したり理解するために、自らもしんどいことに取り組みながら、背中でチームを引っ張っている。

狭間監督は、全国制覇という大きな目標のために、選手たちには日々、厳しい練習や辛いトレーニングを課し、徹底的に鍛え上げている。

しかし、口だけの指導者には選手たちは着いてこないとして、練習の準備や整備に積極的に参加したり、他チームの研究を深夜まで行うなど、監督としてできる限りのことに励んでいる。

また、控え選手たちや保護者、大会関係者など野球を支えてくれている人々がいることの大切さを伝えるために、率先して頭を下げて感謝の言葉を述べるようにもしている。

様々な人の痛みや考え方、立場や意見を理解するために、自ら率先してあらゆることに取り組み、口先だけでない指導を行う狭間監督から、今後も目が離せない。

↓狭間善徳監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「しんどい思いをして人の痛みはわかるもの」/ 明石商業 狭間善徳監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です