「いくらセンスが備わっていても努力が出来なければ結果は出ません」/ 福井工大福井 田中公隆監督

人には誰しも、得意不得意や向き不向きがあるように、生まれながらにして持つセンスというものが何かしら備わっているものである。

もちろん、センスというものは全てが最初から身についているものだけではなく、努力鍛錬を重ねることで、後天的に身につくものもある。

しかしながら、センスというものだけに頼っていては、ある程度の結果しか得られないため、目標や夢を叶えるためには、必ず努力というものに励まなければならない。

そんな考えから、努力がしやすいような環境を作ることに、力を入れて指導しているのは、福井工大福井を指揮する田中公隆監督である。

田中監督は、選手たちに努力をすることを求めているが、入学当初は慣れない寮生活や硬式野球に戸惑うこともあると考え、無理なノルマを設定することはせず、できる範囲をこなすよう促している。

また、悩みや相談事をいつでも共有できるように、監督をはじめとした指導者全員が極力グラウンドに立つようにし、コミュニケーションを取りやすいようにしている。

持っているセンスだけで勝負するのではなく、努力で培った実力も武器として闘う、福井工大福井の選手たちの躍進から、今後も目が離せない。

↓大須賀康浩監督の記事はこちら↓

福井工大福井の記事はこちら。

【関連】福井商業の記事はこちら。

【関連】敦賀気比の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です