「どんなことが起きてもプラスに捉えよう」/ 慶應義塾 森林貴彦監督

人は誰しも、思うような結果が得られなかったり、納得できる状況に巡り合わなければ、不満や愚痴をこぼし、悲観的に捉えてしまう。

特に、周りの人や環境の変化によって結果や状況が左右されると、自信に責任や汚点がないと感じてしまうため、必要以上にネガティブな思考に陥る。

だが、どんな結果や状況に対しても、マイナスに捉えるのではなく、意味や価値を見つけ出しポジティブに考えることができれば、成果成長というものが得られる。

そうした物事の捉え方の差が、その後の野球だけでなく人生も左右することを伝え、慶應義塾を指揮しているのは、森林貴彦監督である。

森林監督は、日々の練習だけでなく学校や私生活の中で訪れる苦しいできごとや辛いことに対して、プラスに捉える癖をつけさせ、試合時の劣勢などに備えている。

そのため、選手たちが楽観的に考えて真剣に取り組む場合には、サポートをしたりアドバイスを送り、夢や目標の実現へ向けて精一杯の支援を行っている。

人や環境のせいにすることもなく、どんな逆境や困難も楽しめむ森林監督慶應義塾の選手たちは、名門の誇りを胸に新たな歴史を作り続ける。

↓森林貴彦監督の記事はこちら↓

慶應義塾の記事はこちら。

【関連】桐光学園の記事はこちら。

【関連】東海大相模の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です