「自分で掴んだものが真の力になる」/ 慶應義塾 森林貴彦監督

今日頑張ったことや、過去に真剣に取り組んだ努力は、未来の自分が苦しんだ時に支えとなったり、不安な時に自信をくれたりとプラスに働くものである。

つまり、現在の努力や鍛錬が辛いものやしんどいことであればあるほど、技術的にも精神的にも将来の自分を助けてくれる武器となるのだ。

そんな考えを持ち、選手たちが試合で根拠のある自信を持てるように、サポートするスタイルで指導しているのは、慶應義塾を指揮する森林貴彦監督である。

森林監督は、髪型を坊主に強制しなかったり、継投のタイミングを選手に委ねるなど、自主性を尊重しており、日々の練習であっても何かを強要することはしない。 

また、高校野球界に残る根性論などの悪しき伝統をなくすために、暗黙の了解として触れられることのなかったことも改革をしたり、無くす取り組みを行っている。

もちろん、放任や楽をしている訳ではなく、そこには、考える力を伸ばすことや自らの意志で取り組まなければ実力はつかないなどの理由がある。

本物の力を掴むために、自分たちの意志で試行錯誤しながら汗を流す選手たちを、手助けしたり見守りながら指導を続ける森林監督の新しい指導法は、高校野球の新しい形として注目を集めている。

↓森林貴彦監督の記事はこちら↓

↓渡辺元智監督の記事はこちら↓

↓門馬敬治監督の記事はこちら↓

慶應義塾の記事はこちら。

【関連】横浜高校の記事はこちら。

【関連】東海大相模の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です