「勝負だがら勝つのが一番だけど、高校野球はいろんな要素がある」/ 享栄 大藤敏行監督

高校野球はあくまでも教育の一環であるため、勝つことや負けることを求めながらも、それらを通して何かを学んだり経験することに意味や価値がある。

しかしながら選手たちは、大好きな野球に励んでいるため、技術を向上させたり試合での活躍を目指すこと、チームが勝利することを何よりも望んでいる。

つまり、指導者は人間教育も行うだけに時間を割くのではなく、ある程度は野球を成長させなければ、選手たちから信頼は得られず、どっちつかずになってしまう。

そんな考えから享栄を指揮している大藤敏行監督は、全国制覇や甲子園といった高い目標を目指させながら、その過程で人として成長できるようなことを学ばせるようにしている。

大藤監督は、日本一へ導いたり日本代表チームの指導した経験から学んだ、全国トップレベルの技術や戦術を毎日選手たちに伝授している。

だが、野球はあくまで教育の手段の一つであるとして、勝利至上主義に走るようなことはせず、人として成長するためのノウハウや考え方を伝えることに力を入れている。

また、試合を通して相手を思いやる心や尊敬する気持ちを教えたり、チームスポーツならではの仲間と支え合うことの素晴らしさを体験させるなど、技術以外を学ぶ機会も設けている。

勝利の嬉しさや敗北の悔しさ、好きなことができる喜びや周りの人への感謝など、高校野球で選手たちを一人前の人間へと成長させる大藤監督の指導から今後も目が離せない。

↓大藤敏行監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です