「憧れの地でのプレーをめざして切磋琢磨して努力して絆を深めていくその過程が一番大切」/ 日大三島 永田裕治監督

何事も世間や他人からは、結果というものだけ評価の対象となるため、失敗や数字に残らないようなケースは、どれだけ努力に取り組んでいても、認めてはもらえないことが多い。

そのため、一度結果を残せない経験をすると、真剣に努力に励むことに対して後ろ向きになったり、頑張ることにモチベーションを持てなくなってしまう。

しかし、価値があるのは結果を出すことではなく、出すまでの過程であり、それは例え成果を残せなかったとしても、努力に取り組んだことは無駄にはならないものである。

そんな考えから日大三島を指揮している永田裕治監督は、毎日の努力を重視し、頑張っていて結果が悪い選手が報われないような状況を作らないようにしている。

永田監督は、かつて報徳学園を指揮していた時代に全国制覇へ導くなど数々の実績を残していることから、日大三島でも結果が期待されている。

だが、報徳学園時代から日々の練習に真剣に取り組む中で身につく力や成長が、結果として現れるていたことから、目先のできることをコツコツ取り組ませている。

もちろん、全国トップレベルの采配や技術指導も時間をかけて伝授しているが、それらを習得し結果を出すには、過程となる練習で頑張れる力が必要になるとして、基礎や基本に時間をかけている。

実績を持ちながらも過去にとはわれることなく、結果より価値のある過程の大切さを学ばせる永田監督日大三島での指導も目が離せない。

↓永田裕治監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です