「チームが一つになったときは、どんなに弱いチームでも甲子園に行ける」/ 日大三島 永田裕治監督

野球というスポーツは団体競技であるが、結果を残す上では、チーム力だけでは限界があるため、ある程度は個々の力というものも求められるものである。

だが、どれだけ個人の能力が高い選手たちが集まっても、チームが一つにならなければ、組織として機能しないため、チーム力の高い相手には勝てないものである。

そうした考えから、チームが一丸となることが勝利には必要と認識し、全員野球をモットーに日大三島を指揮しているのは、永田裕治監督である。

永田監督は、報徳学園を指揮していた際から変わることなく、チームがまとまることを何よりもの課題として、技術の高い選手だげを特別扱いすることなどはしていない。

もちろん、大会前であってもレギュラーと補欠で練習メニューを変えたりすることはせず、全員で同じ練習をこなすことで得られる一体感を大切にしている。

このように平等なチャンスを貰えた選手たちは、例えメンバーに入れなかったとしても、納得することができるため、率先してサポートや応援をするようになるのだ。

技術の高い強いチームを目指すのではなく、全員の結束力が強いチームを目指す永田監督の野球こそ、高校野球のあるべき姿なのかもしれない。

↓永田裕治監督の記事はこちら↓

日大三島の記事はこちら。

【関連】静岡高校の記事はこちら。

【関連】常葉大菊川の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です