「甲子園優勝は偶然できるものではない」/ 仙台育英 須江航監督

高校野球の世界では、甲子園出場や上位進出であれば、運に助けられることもあるが、優勝するためには、根拠となるものが必要になる。

そんな考え方を指導のモットーにし、日本一になれる理由を練習で身につけさせながら、仙台育英で指揮をとるのは、須江航監督である。

須江監督は、全国制覇を成し遂げるために必要な課題を、学年や選手ごとに細かく伝え、それらを補うための計画を立て、練習に取り組ませている。

監督の言葉だけでは、理解が難しい場合には、ストップウォッチで計測したり、スマートフォンのアプリを使用して全国レベルと比較するなど、日々の練習の成長を数値化することで、説得力を持たせている。

また、これらの数値は、レギュラーやベンチ入りメンバーを決める際にも使用しているため、チーム内競争を勝ち抜く上での戦略も立てやすく、落選しても納得できるようになっている。

そして、甲子園で優勝するチームは、技術だけでなく、学校や私生活においても、きちんとした行動ができていることから、グラウンド外の行動にも、「日本一」を意識させるなど、僅かな隙もつくらない。

あらゆる面から甲子園を優勝するための準備を行い、「偶然」といった誤魔化しを一切排除し続ける仙台育英が、東北の悲願を達成する日は近そうだ。

↓須江航監督の記事はこちら↓

↓上林誠知選手の記事はこちら↓

↓竹田利秋監督の記事はこちら↓

仙台育英の記事はこちら。

【関連】東北高校の記事はこちら。

【関連】佐々木順一朗監督の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です