「実年齢と同じままの精神年齢では、日本一になれない」/ 仙台育英 須江航監督

高校野球で日本一を目指す上では、他校を上回る優れた技術や深い絆で結ばれたチームワーク、そして何より正しい努力を圧倒的な量こなすことが必要である。

それと同時に、何事に対しても自己解決できる能力も求められるため、野球とは一見かけ離れている精神面での成長や自立も重視しなければならない。

そうした考えから、実年齢を上回る精神年齢になるように選手たちを様々な面から鍛えさせているのは、仙台育英を指揮する須江航監督である。

須江監督は、選手たちが未成年であり成長途中の高校生ではあるが、大人や世間に頼らなくてもできることは沢山あるとして、人任せからの脱却を目指している。

もちろん、放任をしてる訳ではなく、ある一定の目標やゴールは指示を与え、そこに向かう中でのアプローチを考えさせるなど、自立に向けたサポートを行っている。

また、学校や私生活面でも、精神的な成長や自立のチャンスはあるとして、グラウンド外のことほど、自分で解決する力を身につけるよう伝えている。

技術面だけでなく精神面も高校生離れした状態を目指し、東北勢の悲願、全国制覇に向かう須江監督仙台育英の選手たちの挑戦から、今後も目が離せない。

↓須江航監督の記事はこちら↓

仙台育英の記事はこちら。

【関連】東北高校の記事はこちら。

【関連】佐々木順一朗監督の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です