「公式戦は『至学館祭り』だ」/ 至学館 麻王義之監督

人は誰しも、大舞台や人生を左右するような場面に立つと、緊張や怖さというものに襲われ、本来の力を発揮させてもらえずに、不本意な結果に終わることがある。

しかし、楽しんで物事に取り組んだ場合には、日頃の成果や持っている力以上のものを発揮できたり、自身のベストを尽くせる可能性が高まり、良い結果を得られるものである。

そのため、苦手な状態や厳しい状況で結果を出すには、恐怖やプレッシャーすらも楽しむ気持ちを持ち、笑顔で取り組むことが求められている。

そんな考えから至学館を指揮している麻王義之監督は、選手たちに公式戦という舞台を「祭り」として認識させ、明るいムードで挑むよう促している。

至学館は私立高校ながらも、専用グラウンドがないなど練習環境が恵まれてはいないため、練習量の少なさによる不安が大きく、公式戦では自信のなさからミスを招き敗れるケースが見られていた。

また、高校野球独特の一度の敗北も許されないトーナメント方式が、選手たちの更なるプレッシャーとなり、持っている能力や技術を発揮できないことも多々あった。

そこで麻王監督は、ミスを怖がったり消極的なプレーにならないように、公式戦では叱責を控え、明るく楽しい「祭り」のような雰囲気を演出し、力を引き出すようにしている。

監督自らが火付け役となり、技術や能力を後押しする勢いも武器として戦う至学館の「祭り」が、聖地、甲子園でも大いに盛り上がるだろう。

↓麻王義之監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です