「学びとは目の前のことを一生懸命やること」/ 仙台育英 須江航監督

“「学びとは目の前のことを一生懸命やること」/ 仙台育英 須江航監督” の続きを読む

「正面から結果を見ないと明日のステップにはならない」/ 仙台育英 竹田利秋監督

“「正面から結果を見ないと明日のステップにはならない」/ 仙台育英 竹田利秋監督” の続きを読む

「組織は理念がなければ、行動がぶれてしまいます」/ 仙台育英 須江航監督

“「組織は理念がなければ、行動がぶれてしまいます」/ 仙台育英 須江航監督” の続きを読む

「勢いや偶然の勝ちではなく、必然の勝ちを求めることに価値がある」/ 仙台育英 須江航監督

“「勢いや偶然の勝ちではなく、必然の勝ちを求めることに価値がある」/ 仙台育英 須江航監督” の続きを読む

「ミスは出ると思うけど、いかになくすかが大事」/ 仙台育英 田中祥都選手

2019年の秋の県大会と東北大会を制し、翌年の夏の県大会でも優勝を遂げ東北大会では準優勝を果たすなどの成績を残した仙台育英高校。

当時、俊足好打のリードオフマンとしてプレーでチームを引っ張る傍ら、主将として背中でもチームを支えていたのは、田中祥都選手である。

“「ミスは出ると思うけど、いかになくすかが大事」/ 仙台育英 田中祥都選手” の続きを読む

「自分が伸びなければ生徒も伸びません」/ 仙台育英 竹田利秋監督

指導者という仕事は、 教える相手を成長させることが求められるため、自分のことを後回しにして、教える相手のために時間を割くことが多い。

“「自分が伸びなければ生徒も伸びません」/ 仙台育英 竹田利秋監督” の続きを読む

「実年齢と同じままの精神年齢では、日本一になれない」/ 仙台育英 須江航監督

高校野球で日本一を目指す上では、他校を上回る優れた技術や深い絆で結ばれたチームワーク、そして何より正しい努力を圧倒的な量こなすことが必要である。

“「実年齢と同じままの精神年齢では、日本一になれない」/ 仙台育英 須江航監督” の続きを読む

「スポーツというものは自分の意思を身体で表現するもの」/ 仙台育英 竹田利秋監督

スポーツだけでなく物事を始める上では、人から教わることからスタートするため、ある程度の経験を積んでも、人からの指示を待ってしまうことは多々ある。

“「スポーツというものは自分の意思を身体で表現するもの」/ 仙台育英 竹田利秋監督” の続きを読む