「選手に対して自分から歩み寄っていかないといけない」/ 松山商業 大野康哉監督

“「選手に対して自分から歩み寄っていかないといけない」/ 松山商業 大野康哉監督” の続きを読む

「指導者も手を抜かずに自分と勝負せにゃいかん」/ 松山商業 一色俊作監督

“「指導者も手を抜かずに自分と勝負せにゃいかん」/ 松山商業 一色俊作監督” の続きを読む

「選手のプレッシャーを取り除いてやることが監督の仕事」/ 松山商業 大野康哉監督

“「選手のプレッシャーを取り除いてやることが監督の仕事」/ 松山商業 大野康哉監督” の続きを読む

「愛情が指導者になければ選手は成長しません」/ 松山商業 一色俊作監督

指導者という仕事は、教える相手を成長させることが目的のため、悪い部分が見つかった場合には指摘をし、間違っていれば叱ることも求められる。

“「愛情が指導者になければ選手は成長しません」/ 松山商業 一色俊作監督” の続きを読む

「選手に指導者として認めてもらうのが最初の仕事」/ 松山商業 大野康哉監督

どんなに優れた指導方法で接しても、どれだけ実績を残していても、教える相手に認めてもらえなければ、指導者の考え方や想いは伝わることはない。

“「選手に指導者として認めてもらうのが最初の仕事」/ 松山商業 大野康哉監督” の続きを読む

「10回裏にもまだこんな奇跡が残されていた!!」

1996年

第78回全国高等学校野球選手権大会

決勝戦

松山商業 (愛媛県代表) × 熊本工業 (熊本県代表)
“「10回裏にもまだこんな奇跡が残されていた!!」” の続きを読む

「高校野球の指導者は、その子の一生を背負う覚悟がなければできない」/ 松山商業 一色俊作監督

高校野球には、勝敗以上に人間形成の場であるべきという考えが強くあるため、指導者はアプローチは違えど、野球を通して、人として成長させていくことを目指す。

かつて、松山商業全国制覇へと導いた、一色俊作監督もまた、勝つ野球の追求と同時進行で、人間的な部分を育てることに力を入れていた。

“「高校野球の指導者は、その子の一生を背負う覚悟がなければできない」/ 松山商業 一色俊作監督” の続きを読む

「投手は『こいつのためなら』と、野手に思ってもらえないといけない」/ 松山商業 井上明選手

2年連続の出場となった、1969年の夏の甲子園で、決勝戦引き分け再試合を制して全国制覇を成し遂げた、愛媛県の松山商業

当時、チームのエースを務めていたのは、2年時から主力投手として活躍していた、井上明選手である。

“「投手は『こいつのためなら』と、野手に思ってもらえないといけない」/ 松山商業 井上明選手” の続きを読む

「しんどい思いをしていたら、いつか花開く」/ 松山商業 矢野勝嗣選手

1996年の夏の甲子園で、5度目となる全国制覇を成し遂げた、愛媛県の松山商業高校。

当時、背番号9を背負いながら、チームの控え外野手として、優勝に大きく貢献したのが、矢野勝嗣選手である。

“「しんどい思いをしていたら、いつか花開く」/ 松山商業 矢野勝嗣選手” の続きを読む