「過去にとらわれず、未来にもとらわれず、今この瞬間を精一杯生きよう」/ 県岐阜商 鍛治舍巧監督

“「過去にとらわれず、未来にもとらわれず、今この瞬間を精一杯生きよう」/ 県岐阜商 鍛治舍巧監督” の続きを読む

「勝負所は思い切ってリスク覚悟でいくべき」/ 県岐阜商 藤田明宏監督

“「勝負所は思い切ってリスク覚悟でいくべき」/ 県岐阜商 藤田明宏監督” の続きを読む

「自分にできる努力をすべて注ぎ、全力で挑戦することで得られるものがある」/ 県岐阜商 鍛治舎巧監督

“「自分にできる努力をすべて注ぎ、全力で挑戦することで得られるものがある」/ 県岐阜商 鍛治舎巧監督” の続きを読む

「感動の繰り返しと勉強の積み重ねで、自分という作品ができていく」/ 県岐阜商 鍛治舎巧監督

私たちは生きていく中で、喜びや楽しさといった出来事を経験することもあれば、辛さや悔しさといったマイナスの感情を味わうこともある。

“「感動の繰り返しと勉強の積み重ねで、自分という作品ができていく」/ 県岐阜商 鍛治舎巧監督” の続きを読む

「甲子園は目指す場所じゃない」/ 県岐阜商 佐々木泰選手

2020年の夏にセンバツの代替として行われた交流試合で、5年ぶりに甲子園に土を踏み、名門復活をアピールした県立岐阜商業高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、甲子園での1本を含む高校通算41本塁打を記録し、強打者として注目を集めていた、佐々木泰選手である。

“「甲子園は目指す場所じゃない」/ 県岐阜商 佐々木泰選手” の続きを読む

「失敗していないということは、チャレンジしていないということ」/ 県岐阜商 鍛冶舎巧監督

物事に挑戦しない限り、成功や成果というものは得られないが、チャレンジには必ずリスクや失敗というものがつきものであることから、躊躇ってしまうことは多い。

“「失敗していないということは、チャレンジしていないということ」/ 県岐阜商 鍛冶舎巧監督” の続きを読む

「壁は人の心が勝手につくるもの」/ 県岐阜商 鍛治舍巧監督

物事に対するやる気の有無は、自分次第であり、成功の可能性や限界を決めているのも、周囲の環境や物理的な問題もあるものの、結局は自分自身である。

そんな独自の理論で県岐阜商を指揮している、鍛治舍巧監督は、選手たちの心にある「」を取り除き、チームの新たな歴史を作ろうと、指導を続けている。

“「壁は人の心が勝手につくるもの」/ 県岐阜商 鍛治舍巧監督” の続きを読む

「一人では何もできない、だけど、一人が始めないと、何も変わらない」/ 県岐阜商 鍛治舍巧監督

春夏合わせて4度の全国制覇と、公立高校として最多の勝ち星を甲子園で記録している、県立岐阜商業高校。

チームを2018年から指揮しているのは、秀岳館の監督として3季連続で甲子園4強へ導いた実績を持つ、OBの鍛治舎巧監督である。

“「一人では何もできない、だけど、一人が始めないと、何も変わらない」/ 県岐阜商 鍛治舍巧監督” の続きを読む

「1日の目標設定が大事だと思います」/ 県岐阜商 高橋純平選手

2015年のセンバツ大会で、下馬評通りの活躍で、ベスト8まで勝ち進んだ県立岐阜商業高校。

そんなチームを支えていたのは、最速150キロを超えるストレートを武器に持つ、エースで主将の高橋純平選手である。

“「1日の目標設定が大事だと思います」/ 県岐阜商 高橋純平選手” の続きを読む