「目標に対して本気になろう」/ 高岡商業 吉田真監督

どれだけ高い意識や理想を掲げていても、行動が伴わなければ結果は残せないように、夢を叶えるためには、圧倒的な努力や鍛錬を重ねなければならない。

もちろん努力や鍛錬は、誰かに指示されたり怒られることを避けるために嫌々していては、本来の効果は得られないため、自らの意志で行わなければならない。

また、夢への途中では、どんなに小さなことや一見関係のないようなものであっても、手を抜くようなことはせず、本気になって取り組まなければならない。

そんな考えから高岡商業を指揮している吉田真監督は、選手たちに結果以上に、物事に対して本気になることの方が重要であることを伝えている。

高岡商業は、公立高校ながら甲子園でも実績を残している名門校であるため、力のある選手や中学時代に成績を残している入部してくることも多い。

しかし、技術や能力の面が優れていても、強豪校相手に弱気になったり、しんどい練習に後ろ向きになるなど、精神的には成長途中の選手が多い。

そこで吉田監督は、本気になればどんな試練や困難も乗り越えられることを日々の練習から学ばせ、メンタル面の強化からチームを強くするスタイルを確立している。

大きなことだけでなく、些細なことに対しても本気で取り組むことを続け、全国制覇という盛大な目標達成を目指す高岡商業吉田監督から、今後も目が離せない。

↓吉田真監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です