「勝つ気持ちも忘れてはいけないが、笑顔も忘れるな」/ 智弁学園 小坂将商監督

勝負事で勝ち負けの明暗を分けるのは、潜在能力の高さではなく、そうした実力や日々の練習や努力で培った力をどれだけ発揮することが出来るかである。

そのため、どれだけ勝利を目指し高い意識で鍛錬を重ねていても、本番でのプレッシャーや緊張に押しつぶされてしまっては、結果は残せない。

一方で、実力や努力量が相手より少なくとも、無駄な力みがなく落ち着いて普段通りにプレーができれば、最大限の力が出せるため勝利を掴めるものである。

そんな考えから智弁学園を指揮している小坂将商監督は、緊張をほぐし持っている力を最大限に発揮させるために、笑顔を忘れないように促している。

小坂監督は、選手としても監督としてもチームの歴史を塗り替える記録を作るなど、数々の実績を残しているが、いずれも必要以上に追い込むようなやり方は実践していない。

もちろん、甲子園や日本一といった目標を達成するためには、小さな隙も許されないとして、妥協や弱さが見られるプレーや言動が見られた際には厳しい言葉で叱責している。

だが、試合では惜しみなく力を発揮させるために、緊張やプレッシャーを取り除くことに時間を割き、時には監督自らのジョークで場を和ませることもある。

追い込んだり厳しさだけが勝つための方法ではないと考え、選手たちが野球や勝負を楽しめる環境を作ることにも力を入れる小坂監督の指導から、今後も目が離せない。

↓小坂将商監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です