「野球をやるのは選手、うまく使うのが監督」/ 智弁学園 小坂将商監督

チームを悲願であった全国制覇へ導くなど、数々の実績を残している、智弁学園小坂将商監督

選手たちの心の中をも読み、采配や起用に活かす手腕は、全国の指導者からも定評がある。

もちろん、その裏には小坂監督の選手たちを理解し上手く力を引き出すための努力がある。

事実、選手全員の誕生日をメモして祝ったり、時間を見つけてはコミュニケーションをとるなどを行っている。

また、厳しく指導した後にはフォローをしたり、緊張している選手にはジョークを述べるなど、ケアも欠かさない。

その一方で、技術面に関してはほとんど指導をしないのも小坂監督のスタイルである。

野球をするのが選手たちである以上、自ら課題を見つけて乗り越える力がなければ、結果は残せないという持論があるからだ。

そのため、チームの全体練習だけでなく自主練習の時間も確保するようにしている。

選手たちに答えを教えるのではなく、彼らが導き出した答えを上手く組み合わせて采配する小坂監督に導かれ、智弁学園は更なる飛躍を目指す。

↓小坂将商監督の記事はこちら↓

智弁学園の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です