「選手が喜んでやるのがまず一番」/ 如水館 迫田穆成監督

無名の如水館を全国レベルの強豪校へと育て上げた、高校野球界を代表する名将、迫田穆成監督

前任の広島商業時代から「知将」と称されていたように、頭を使った野球が持ち味であった。

そんな迫田監督も、如水館に就任した当初は、苦労の連続であった。

全国での実績を残している広島商業と比較すると、入学してくる選手たちは、さほど力がなかったからだ。

また、緻密な野球で一点をもぎ取る広島商業のような代名詞や伝統も、チームにはなかった。

そこで迫田監督は、自身の野球キャリアで培ってきたことを一つずつ丁寧に伝えていくとこを始めた。

もちろん、押しつけては選手たちの良さが消えてしまうため、個々の目標に適したものを選びアドバイスをしていた。

そして、練習を厳しくし過ぎては、野球を嫌いになってしまうことも考慮し、追い込むことはしつつも、基本的には楽しい雰囲気を演出するようにしていた。

その結果、選手たちは日々の練習に喜びを感じられるようにり、上達のスピードが加速すると、チームも全国常連の強豪校へと成長したのであった。

↓迫田穆成監督の記事はこちら↓

如水館高校の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です