「なぜ負けたかということを突き詰めていかないと成長はない」/ 大阪桐蔭 西谷浩一監督

勝負事で負けた際には、次戦への課題となる敗因を見つけ出し、それを修正したり考え直すことが求められるが、敗北から反省へ気持ちを切り替えることは容易ではない。

その一方で勝った場合も、勝利の喜びや嬉しさが大きいため、改善点に真摯に向き合い、謙虚に努力に励むことは難しいものである。

特に、ある程度の実績や力を持っている人であればあるほど現状に満足し、多少のマイナス要因からは目を背けたくなるものである。

しかし、大阪桐蔭を指揮する西谷浩一監督は、どんな結果を残そうとも、常に向上心を持ち続け、限界の先を追いかけ続けている。

全国トップレベルのチームへと育て上げ、自身も名将と称されるほどの実績を残しているが、勝敗に関係なく練習や試合の後には、必ず課題を見つけ出し克服するよう促している。

もちろん、選手たちだけに課題を与えるのではなく、自らも指導法の勉強や教育の方針、野球の奥深さなどを学び続け、決して過去の成績に満足するようなことはしない。

勝利を追求するのではなく、結果の裏側の目には見えない成長するという部分を貪欲に突き詰める西谷監督は、これからも球史に名を残す活躍を見せてくれるだろう。

↓西谷浩一監督の記事はこちら↓

大阪桐蔭の記事はこちら。

【関連】履正社の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です