「甲子園というのは、目標であって目的じゃない」/ 日本文理 大井道夫監督

“「甲子園というのは、目標であって目的じゃない」/ 日本文理 大井道夫監督” の続きを読む

「相手と技術で勝負するな、気持ちで勝負しろ」/ 日本文理 大井道夫監督

“「相手と技術で勝負するな、気持ちで勝負しろ」/ 日本文理 大井道夫監督” の続きを読む

「その場の状況を判断して効果的な方法を選ぶとういう思考が野球では大事」/ 日本文理 鈴木崇監督

“「その場の状況を判断して効果的な方法を選ぶとういう思考が野球では大事」/ 日本文理 鈴木崇監督” の続きを読む

「『勝つ』ことよりも、『一生懸命』の方が尊い」/ 日本文理 大井道夫監督

“「『勝つ』ことよりも、『一生懸命』の方が尊い」/ 日本文理 大井道夫監督” の続きを読む

「イメージができていればプレーが変わる」/ 日本文理 鈴木崇監督

野球では、次に起こることをある程度予想していれば、対応や対処ができるため、大きなミスをすることや敗戦にはつながらないものである。

“「イメージができていればプレーが変わる」/ 日本文理 鈴木崇監督” の続きを読む

「高校野球は、どんな形であれ教育の場」/ 日本文理 大井道夫監督

高校野球では、甲子園出場全国制覇などの成績を残せば、全国から強豪校と称されるようになるため、その後は必然的に学校をあげて野球に力を注ぐことになる。

“「高校野球は、どんな形であれ教育の場」/ 日本文理 大井道夫監督” の続きを読む

「最少失点と最大得点はゲームをやる上での基礎」/ 日本文理 鈴木崇監督

点数を競う野球というスポーツでは、勝利へ近づくために、様々な戦術を駆使して、失点を極力減らすとともに、得点を最大限挙げることを目指すのが一般的である。

“「最少失点と最大得点はゲームをやる上での基礎」/ 日本文理 鈴木崇監督” の続きを読む

「頭ごなしに伝えても、子どもが納得しなければだめ」/ 日本文理 大井道夫監督

数々の実績を残し、新潟の高校野球の歴史を何度も変えた日本文理を指揮していた大井道夫監督は、高校野球の指導の在り方を変えた存在でもある。

“「頭ごなしに伝えても、子どもが納得しなければだめ」/ 日本文理 大井道夫監督” の続きを読む