「野球だけではなく人生の勝利者になってほしい」/ 報徳学園 永田裕治監督

選手として甲子園を目指せる期間は、高校の3年間の5回のチャンスしかないがために、球児たちは、青春の全てを野球に注ぎ込む

しかし、甲子園出場を果たせなかったり、試合で敗れたからといって、練習してきたことや、努力したことが無駄になるわけではない。

そんな考えを持ち、野球を通して、人生の在り方や過ごし方を学ばす指導を行っているのは、報徳学園を指揮していた永田裕治監督である。

永田監督は、野球だけの選手や、甲子園で燃え尽きてしまうような人間を育てないように、高校野球の各自の目標達成だけのためではなく、その後の人生でも役立つアプローチの仕方を学ばせていた。

強豪校でありながらも、敢えて全員野球のスタイルを確立し、どのようにしてライバルと差別化をはかるかを考えさせたり、チームプレーの本質を伝えるなど、野球の勝利を目的にはしなかった。

もちろん、甲子園や全国制覇といった選手たちの夢を叶えるために監督としてできる限り、技術やスキルを学ばせたが、勝利至上主義ではなく、成長至上主義を教育者として貫いた。

永田監督の残した、技術だけを極めても、野球や人生では勝てないといった教えは、報徳学園の伝統として受け継がれていく。

↓永田裕治監督の記事はこちら↓

↓金村義明選手の記事はこちら↓

↓小園海斗選手の記事はこちら↓

報徳学園の記事はこちら。

【関連】明石商業の記事はこちら。

【関連】神戸国際大付属の記事はこちら。

「「野球だけではなく人生の勝利者になってほしい」/ 報徳学園 永田裕治監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です