「野球の楽しささえ忘れずに持ち続けることができれば、つらさは必ずや乗り越えていける」/ 報徳学園 永田裕治監督

高校野球の聖地甲子園から、約6km離れた場所に位置し、春・夏、全国制覇の経験のある強豪、報徳学園高校。

そんなチームを1994年から指揮し、春夏合わせて18度甲子園に導き、2002年のセンバツでの優勝を筆頭に、23勝を挙げた実績を持つのが、永田裕治監督である。

永田裕治監督の記事はこちら。

永田監督は、強豪校の中では珍しい、「全員野球」のスタイルで、チーム作りを行っていた。

報徳学園は、専用グランドがなく、完全下校の時間が決められているなど、恵まれない環境状ではあったが、選手全員に同じ練習をさせ、入部希望者は全員入部させるなど、全員で取り組むスタイルを貫いていた。

監督就任当初は、効率が落ちることを周囲から指摘されたこともあり、指導方針の見直しも考えたこともあった。

しかし、限られた時間と場所での練習での全員で行う練習では、「集中力」が増したり、レギュラー選手と控え選手の間に「」ができることもないなどのプラスの効果があり、23年間変えることはなかった。

【関連】明石商業の記事はこちら。

そして、選手たちには野球を好きなまま卒業させるよう、苦しいことや辛いことがあっても、野球を嫌いにさせないようにサポート言葉がけも行っていた。

野球が大好きな選手たちが、全員野球で同じ気持ちで目標を追いかけて続けているとが、報徳学園の強さなのだろう。

報徳学園の記事はこちら。

【関連】神戸国際大付属の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です