「勝つ喜びがあるから、苦しい練習にも耐えられる」/ 済美 上甲正典監督

スポーツでは、勝利という結果を手に入れられると、それまでの過酷な努力や辛かった日々が報われたような気持ちになり、次なる挑戦へのモチベーションにもなる。

しかし、人並みの努力では、勝利というものは得られないことに加え、どれだけ鍛錬を積んでも成果が約束されてはいないため、練習には中々前向きになれないケースも多い。

そうした事情を把握し、選手たちの努力を勝利という形で報うように最善を尽くしていたのは、宇和島東済美を指揮していた、上甲正典監督である。

上甲監督は、指導者生活をスタートさせて以来、試合での「上甲スマイル」からは想像もできないほどの自他ともに認める厳しい練習で選手たちを鍛えていた。

また、指導の範囲は技術面ばかりでなく、卒業後に社会に出て困らぬようにと、挨拶や返事の仕方などの人間性の面にも力を入れていた

もちろん、厳しいだけでは選手たちがついてこないため、監督自ら他チームのデータの収集と研究を行ったり、グラウンドに最後までたち続けノックバットを振るなど、同じように汗を流していた。

選手たちの勝利や人間力の成長という目標のために、時には嫌われ役にもなるなど、敢えて厳しい存在であり続けた上甲監督愛情溢れる指導は、いまでも教え子たちの心に刻まれている。

↓上甲正典監督の記事はこちら↓

済美高校の記事はこちら。

【関連】松山商業の記事はこちら。

【関連】今治西の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です