「大事な場面でのミスが勝敗を左右することになります」/宇和島東 長滝剛監督

センバツ大会での初出場初優勝の偉業を成し遂げて以降、強豪校として全国から認知されている、宇和島東高校。

そんなチームを指揮しているのは、選手時代に春夏甲子園出場を経験している、OBの長滝剛監督である。 

長滝監督は、甲子園から遠ざかりつつあった低迷期に、復活を託されての着任となった。

就任した際のチームは、能力はある選手が多いものの、個人プレーや自己満足での行動が多く、団体競技としての意識が低い状態であった。

そこで、周囲に目を配らせるために、挨拶や整理整頓など、グラウンド外のことの指導に時間をかけた。

当初は、野球との関係性がないと考えて、指示を守らない選手もいたが、口酸っぱく指導したことで、その重要性が伝わるようになった。

仲間ができていなければ、互いに注意をするなど、周囲への目配りができるようになったのだ。

その結果、勝負どころでも声掛けやカバーリングによりミスを回避できるようになり、長滝監督は僅か4ヶ月でチームを9年ぶりの甲子園へと導いたのであった。

名門を復活へと導いた長滝監督は、次なる目標のチーム史上2度目の全国制覇へ向けて、指揮を続ける。

↓上甲正典監督の記事はこちら↓

宇和島東の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です