「初心に帰ることで新しい発見もある」/ 明石商業 来田涼斗選手

2019年の甲子園で、春夏連続4強進出を果たし、翌年の交流試合でも勝利を収めた、地元兵庫代表の明石商業高校。 当時、チームの先頭打者を担っていたのは、甲子園通算3本塁打を含む14安打を記録し、俊足好打の先頭打者として活躍 … “「初心に帰ることで新しい発見もある」/ 明石商業 来田涼斗選手” の続きを読む

「色んな人への感謝の気持ちを持つことが、一人の人間として大事」/ 履正社 関本勇輔選手

2020年の夏に行われた甲子園交流試合で、前年のセンバツの初戦と選手権の決勝に続く、三度目の星稜との対戦で勝ち越しとなる勝利を挙げた履正社高校。 当時、チームの主将を務めていたのは、強肩強打の選手としてプレーでもチームを … “「色んな人への感謝の気持ちを持つことが、一人の人間として大事」/ 履正社 関本勇輔選手” の続きを読む

「甲子園は目指す場所じゃない」/ 県岐阜商 佐々木泰選手

2020年の夏にセンバツの代替として行われた交流試合で、5年ぶりに甲子園に土を踏み、名門復活をアピールした県立岐阜商業高校。 当時、チームの主将を務めていたのは、甲子園での1本を含む高校通算41本塁打を記録し、強打者とし … “「甲子園は目指す場所じゃない」/ 県岐阜商 佐々木泰選手” の続きを読む

「甲子園は自分たちを成長させてくれる場所」/ 花咲徳栄 井上朋也選手

2020年の夏に行われた史上初の甲子園高校野球交流試合の開幕戦に登場し、勝利を挙げた埼玉県の花咲徳栄高校。 当時、チームの主将を務めていたのは、高校通算50発のスラッガーとして注目を集め、甲子園で選手宣誓の大役も担った井 … “「甲子園は自分たちを成長させてくれる場所」/ 花咲徳栄 井上朋也選手” の続きを読む

「消極的になって、思い切りがなくなるのが一番よくないこと」/ 習志野 角田勇斗選手

2019年のセンバツで、チームとしては初の、県勢としては最高成績に並ぶ準優勝を成し遂げ、続く夏と秋の県大会も制した、千葉県の習志野高校。 当時、2年生ながら攻守の中心選手として活躍し、秋の新チームからは主将を担い、チーム … “「消極的になって、思い切りがなくなるのが一番よくないこと」/ 習志野 角田勇斗選手” の続きを読む

「ミスは出ると思うけど、いかになくすかが大事」/ 仙台育英 田中祥都選手

2019年の秋の県大会と東北大会を制し、翌年の夏の県大会でも優勝を遂げ東北大会では準優勝を果たすなどの成績を残した仙台育英高校。 当時、俊足好打のリードオフマンとしてプレーでチームを引っ張る傍ら、主将として背中でもチーム … “「ミスは出ると思うけど、いかになくすかが大事」/ 仙台育英 田中祥都選手” の続きを読む

「やるからには、負けたら意味がない」/ 札幌第一 山田翔太選手

2019年の秋の支部予選敗退からリベンジを誓い、雪の冬に力をつけ、翌年の夏の南北海道大会を見事制した札幌第一高校。 当時、エースを務めていたのは、ピッチングでゲームを作る役割だけでなく、主将とし背中でもチームを引っ張って … “「やるからには、負けたら意味がない」/ 札幌第一 山田翔太選手” の続きを読む

「我慢した分だけ強くなれる」/ 鹿児島実 宮下正一監督

誰しも苦しいことやしんどいことがあると、逃げたい気持ちや辞めたい気持ちが勝ってしまい、挑戦する場合にも手を抜いたりと、どうしても積極的にはなれない。

「ないものねだりをするのではなく、まず改善できること、改革できることをやる」/ 創志学園 長沢宏行監督

恵まれない環境に居たり、大きなハンデがある場合に、成果や成長が得られなければ、私たちは、不満や言い訳を口にしてしまう傾向がある。