「根拠のない1球はいらない」/ 東福岡 下野輝章監督

低迷期を迎えたチームは、いち早い復活を目指すがために、結果を急いでしまうことが多く、根本となる土台を築けずに、一時的な成果しか得られず、抜け出せないケースがある。 そんな、悪循環を作らないように、土台と道標を明確にしなが … “「根拠のない1球はいらない」/ 東福岡 下野輝章監督” の続きを読む

「やらされるのではなく、自分でやった方が伸びる」/ 広陵 西村健太朗選手

4年連続の出場となった、2003年のセンバツ大会で、チーム史上3度目の全国制覇を成し遂げた、広島県の広陵高校。 当時、チームのエースを務めていたのは、1年秋から背番号1を背負っていた、西村健太朗選手である。

「大事なのは、背伸びをしないことです」/ 東海大相模 森野将彦選手

1995年のセンバツ大会で、16強まで勝ち進んだ、神奈川県の東海大相模高校。 当時、2年生ながらチームの5番打者を務めていたのは、初戦で3安打3打点の活躍を見せ、勝利に大きく貢献した、森野将彦選手である。

「相手を見上げてしまったら絶対に勝負には勝てない」/ 大阪桐蔭 萩原誠選手

1991年の甲子園に、春夏連続で初出場を果たし、センバツでは8強、選手権では全国制覇を成し遂げた、大阪桐蔭高校。 そんなチームの4番打者を務めていたのは、高校通算58本塁打を記録し、大会屈指のスラッガーとして注目されてい … “「相手を見上げてしまったら絶対に勝負には勝てない」/ 大阪桐蔭 萩原誠選手” の続きを読む

「昨日の夢は、今日の可能性、明日の現実」/ 秋田経大附 松本豊選手

1981年の甲子園に春夏連続出場し、センバツでは8強、選手権では16強まで勝ち進んだ、秋田経大附属高校(現・明桜高校)。 当時、チームのエースを務めていたのは、甲子園で2完封を含む4勝を挙げた、松本豊選手である。

「基本を身につけるには練習量が必要」/ 東北 高井雄平選手

2001年のセンバツ大会に、前年秋の東北王者として出場した、宮城県の東北高校。 当時、2年生ながらチームのエースを務めていたのは、打者としても高校通算36本塁打を記録し、注目を集めていた、高井雄平選手である。

「人と同じことをしていては、人と同じ成長しかしない」/ 沖縄水産 新垣渚選手

1997年の神宮大会で準優勝を成し遂げ、翌年の甲子園に春夏連続で出場を果たした、沖縄水産高校。 当時、チームのエースを務めていたのは、最速151キロの速球で全国から注目を集めていた、新垣渚選手である。

「完全試合以上に惨敗の方が、人生にとって大きな意味がある」/ 前橋 松本稔選手

1978年の50回記念となったセンバツ大会に初出場をで、初戦突破を果たした、群馬県の前橋高校。 当時チームのエースを務めていたのは、初戦で史上初の完全試合を成し遂げる活躍で勝利をもたらした、松本稔選手である。

「一番成長が遅いのは、人の話を聞かない選手です」/ 山梨学院 吉田洸二監督

近年、高校野球の指導では、「考える力」を身につけさせるために、選手主体の自主性を取り入れ、指導者が一方的に考えを押し付けるケースか少なくなっている。 山梨学院を指揮している吉田洸二監督もまた、サポートや指示は出すものの、 … “「一番成長が遅いのは、人の話を聞かない選手です」/ 山梨学院 吉田洸二監督” の続きを読む