「凡才が天才にならんでええんです」/ 北大津 宮崎裕也監督

春夏いずれの甲子園出場歴があり、滋賀県内有数の強豪校としての地位を確立している、北大津高校。

そんな北大津を指導し、全国レベルのチームへと育て上げたのは、宮崎裕也監督である。

宮崎監督は、甲子園などの大舞台で、相手や周囲を驚かせるような、奇策を武器に勝ち上がっていた。

セオリーや定石に縛られることなく、リスクを恐れず攻める采配は、名将と称される指導者からも、リスペクトされていた。

そのための準備として、練習では基礎基本の技術指導とは別に、サインプレーなどの勝つためのテクニックを教えることにも力を注いでいた。

しかし、能力に見合わないことを強制したり、超高校級のようなレベルへと成長することは求めなかった。

その一方で、できる限りの努力や誰もが意識すれば防げるミスをなくすことなどは、徹底させていた。

そして、今ある力で最高の結果を出させるために、宮崎監督は野球を研究し、作戦を編み出し続けていた。

ないことを求めるのではなく、あるものを最大限に使って闘う宮崎監督の教えは、北大津の伝統となっている。

↓宮崎裕也監督の記事はこちら↓

北大津高校の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です