「管理した野球、指示する野球を強いると、生徒が委縮する」/ 富山第一 黒田学監督

県内有数の強豪校にして、甲子園での実績も残している富山第一を指揮している黒田学監督

自主性のスタイルや選手たちに考えさせる野球を取り入れ、チームを一躍全国レベルにまで育て上げた。

そんな黒田監督だが、就任当初は指導者が中心の管理野球を行っていた。

就任時のチームは、県内では上位進出常連ではあったものの、甲子園をあと一歩のところで逃している状態であった。

そこで、自らの野球キャリアで培ってきたノウハウを余すことなく伝え、負の連鎖からの脱却を試みたのだ。

しかし、指導者からの一方通行では、選手たちが指示待ちとなったり、怒られることを恐れ挑戦しなくなるなどのデメリットが見られ、結果は出なかった。

そうした状況を考慮し、以降は選手たちに主導権を握らせ、監督は指示を出すことを極力減らした。

導入当初は、答えにたどり着くのに時間を要するなどの苦労はあったが、次第に自立したチームへと進化を遂げ、ついには甲子園出場も掴んだのであった。

黒田監督に導かれる、自主性を強みに躍進を続ける富山第一から今後も目が離せない。

↓黒田学監督の記事はこちら↓

富山第一の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です