「思い込みを覆すことは、新たな戦略や戦術を生み出す契機になる」/ 健大高崎 青柳博文監督

物事が行き詰まった際、それまで当たり前としていたことやセオリーとして信じていたものを一度見直したり否定することで、課題を上手く解消できるものである。

“「思い込みを覆すことは、新たな戦略や戦術を生み出す契機になる」/ 健大高崎 青柳博文監督” の続きを読む

「勝つ喜びがあるから、苦しい練習にも耐えられる」/ 済美 上甲正典監督

スポーツでは、勝利という結果を手に入れられると、それまでの過酷な努力や辛かった日々が報われたような気持ちになり、次なる挑戦へのモチベーションにもなる。

“「勝つ喜びがあるから、苦しい練習にも耐えられる」/ 済美 上甲正典監督” の続きを読む

「チームが一つになったときは、どんなに弱いチームでも甲子園に行ける」/ 日大三島 永田裕治監督

野球というスポーツは団体競技であるが、結果を残す上では、チーム力だけでは限界があるため、ある程度は個々の力というものも求められるものである。

“「チームが一つになったときは、どんなに弱いチームでも甲子園に行ける」/ 日大三島 永田裕治監督” の続きを読む

「お互いが相手を尊重し、爽やかな闘いを繰り広げるところに野球の良さがある」/ PL学園 中村順司監督

スポーツのほとんどは、勝敗や成績を競うことを目的としたルールがあるため、そういった勝負にこだわることが、何よりの面白さや楽しさとなる。

“「お互いが相手を尊重し、爽やかな闘いを繰り広げるところに野球の良さがある」/ PL学園 中村順司監督” の続きを読む

「選手たちの勝ちたい欲求が、監督やコーチを上回らない限り日本一にはなれない」/ 聖光学院 斎藤智也監督

スポーツでは、優れた指導者に教わったり、名将と称される監督に采配をしてもらえば、選手たちの力を上手く引き出せてもらえるため、成長成果は得られやすくなる。

“「選手たちの勝ちたい欲求が、監督やコーチを上回らない限り日本一にはなれない」/ 聖光学院 斎藤智也監督” の続きを読む

「試合で1回あるかないかのプレーを追求できなければ、負けてしまう」/ 駒大苫小牧 香田誉士史監督

野球の試合では、ランナーの位置やアウトカウント、作戦のパターンなど、様々な条件によって状況は異なり、一つとして同じケースはない。

“「試合で1回あるかないかのプレーを追求できなければ、負けてしまう」/ 駒大苫小牧 香田誉士史監督” の続きを読む

「指導者が成長しなければ、チームは絶対に成長しない」/ 花咲徳栄 岩井隆監督

野球だけでなくスポーツでは、どんなに優れたコーチや監督が指導をしても、プレーをする選手たちにやる気や技術がなければ、成長することや結果を残すことは難しいものである。

“「指導者が成長しなければ、チームは絶対に成長しない」/ 花咲徳栄 岩井隆監督” の続きを読む

「野球というものは、強いもんが必ずしも勝つとは限らない」/ 池田 蔦文也監督

高校野球では、選手たち個々の技術の高さが高いだけでは勝利を掴めないが、チームの結束力や指導者の経験値だけが特化していても勝てないものである。

“「野球というものは、強いもんが必ずしも勝つとは限らない」/ 池田 蔦文也監督” の続きを読む

「常識とは、常にその状況に合った答えを出すこと」/ 常総学院 木内幸男監督

どんな分野や世界にも常識というものが存在しており、それを理解や把握をしておくことは、結果を出す上では必要なことである。

“「常識とは、常にその状況に合った答えを出すこと」/ 常総学院 木内幸男監督” の続きを読む