「甲子園に出るからには強い『決意』、相応の『覚悟』を持って臨まなければならない」/ 開星 本田紘章選手

2010年の夏の甲子園で、誰もが勝利を確信した、9回表二死から、失策で逆転をゆるし、初戦敗退を喫した、島根県の開星高校。

当時、センターを守り、失策により決勝点を与えてしまったのが、本田紘章選手である。

“「甲子園に出るからには強い『決意』、相応の『覚悟』を持って臨まなければならない」/ 開星 本田紘章選手” の続きを読む

「漠然ではなく本気の練習をしなければいけない」/ 八戸学院光星 仲井宗基監督

3季連続で甲子園の決勝に進み、東北勢の悲願に「あと一歩」の所まで近づいた、青森県の八戸学院光星

チームを2010年から指揮しているのは、U18(高校日本代表)のコーチも務めている、仲井宗基監督である。

“「漠然ではなく本気の練習をしなければいけない」/ 八戸学院光星 仲井宗基監督” の続きを読む

「人が嫌がることをあえてやる、それをやりきることが自信につながる」/ 日本文理 伊藤直輝選手

2009年の夏の甲子園の決勝で、6点差の9回ニ死走者なしから、5点を挙げる驚異の粘りを見せ、県勢初の準優勝を成し遂げた、新潟県の日本文理高校。

当時エースとして、力投でチームを支え、決勝戦では、球場中に響き渡る「伊藤コール」を味方に、2点適時打を放つなどの投打に渡る活躍を見せたのが、伊藤直輝選手である。

“「人が嫌がることをあえてやる、それをやりきることが自信につながる」/ 日本文理 伊藤直輝選手” の続きを読む

「野球は団体競技、最大限できることをやっていけば戦えます」/ 関東一 米澤貴光監督

1987年のセンバツ大会での準優勝を筆頭に、甲子園出場だけでなく、出場する度に上位進出も果たしている強豪、関東一高

そんなチームを2000年秋から率いているのは、関東一高のOBで、社会人野球の経験も持つ、米澤貴光監督である。

“「野球は団体競技、最大限できることをやっていけば戦えます」/ 関東一 米澤貴光監督” の続きを読む

「今できる準備をしっかりやることが大事」/ 常葉菊川 町田友潤選手

2008年の夏の甲子園で、フルスイング野球を軸に5試合で35得点を挙げて、準優勝を成し遂げた、静岡県の常葉菊川

当時、2番セカンドとして、攻守にわたる活躍を見せ、チームを支えていたのが、町田友潤選手である。

“「今できる準備をしっかりやることが大事」/ 常葉菊川 町田友潤選手” の続きを読む

「良いことがあると変えるのが怖くなるが、変化をしないと成長もない」/ 学法石川 佐々木順一朗監督

春夏合わせて、10回を超える甲子園出場を記録している、福島県の学法石川

そんなチームを平成30年秋から指揮しているのは、仙台育英の監督を約20年勤め、センバツ選手権で1回ずつ準優勝に導いた経験を持つ佐々木順一朗監督である。

“「良いことがあると変えるのが怖くなるが、変化をしないと成長もない」/ 学法石川 佐々木順一朗監督” の続きを読む

「全員が1つになって戦うのが高校野球」/ 佐賀北 副島浩史選手

開幕戦で甲子園初勝利を挙げると、大会史上最長となる73イニングを戦い抜き、全国の頂点へ上り詰めた2007年の佐賀北高校。

そんなチームの「打の柱」としてチーつを支え、決勝戦では、逆転満塁ホームランを放つなどの活躍を見せたのが、副島浩史選手である。

“「全員が1つになって戦うのが高校野球」/ 佐賀北 副島浩史選手” の続きを読む

「高校野球でも常識や概念、セオリーが邪魔する時があるんです」/ 健大高崎 青柳博文監督

2001年に創部し、11年夏に甲子園デビュー後は「機動破壊」を代名詞に、その名を全国に広めた群馬県の健大高崎

チームを2002年から指揮するのは、前橋商で「4番一塁手」としてセンバツ甲子園に出場した経験を持つ、青柳博文監督である。

“「高校野球でも常識や概念、セオリーが邪魔する時があるんです」/ 健大高崎 青柳博文監督” の続きを読む

「楽しいことを進んでやれたらものすごい力が発揮できる」/ 鹿児島工業 今吉晃一選手

打席での「シャー!」という雄叫びで、高校野球ファンから人気を集めていた、鹿児島工業の代打の切り札、今吉晃一選手

2006年の夏の地方予選では、6打数5安打の8割を超える打率を残し、甲子園でも「流れを変える安打」を放つなどの活躍を見せ、チームを4強まで導いた「代打の神様」である。

“「楽しいことを進んでやれたらものすごい力が発揮できる」/ 鹿児島工業 今吉晃一選手” の続きを読む