「引きずっていても、自分のためにも、チームのためにもならない」/ 東邦 石川昂弥選手

2019年のセンバツ大会で、全国最多となる5度目の優勝を成し遂げた、愛知県の名門、東邦高校

当時、チームの主将を務めていたのは、打っては高校通算55本塁打、投げては最速144キロと、投打の軸でもあった石川昴弥選手である。

“「引きずっていても、自分のためにも、チームのためにもならない」/ 東邦 石川昂弥選手” の続きを読む

「『やりきった』というより、『もっとやれる』という気持ちで常に戦って欲しい」/ 彦根東 村中隆之監督

高校野球だけでなく、人生においても、ある一定の結果を出した際に、その状況に満足や安心してしまうと、成長や進化をとめてしまう。

“「『やりきった』というより、『もっとやれる』という気持ちで常に戦って欲しい」/ 彦根東 村中隆之監督” の続きを読む

「警戒されても打つのが、本当のすごい打者だと思う」/ 山梨学院 野村健太選手

2019年の甲子園に春夏連続出場し、センバツではベスト16入りを、選手権には県大会4連覇を果たした山梨学院

当時、チームの中軸を担っていたのは、甲子園での3本を含む高校通算53本塁打を記録し、「山梨のデスパイネ」と称されていた、野村健太選手である。

“「警戒されても打つのが、本当のすごい打者だと思う」/ 山梨学院 野村健太選手” の続きを読む

「コツコツと積み重ねることなしには奇跡は起きない」/ 横浜隼人 水谷哲也監督

常識や予想を覆すような奇跡とは、圧倒的な量でなおかつ正しい努力を欠かさず続け、最後まで諦めない気持ちを持っている人が起こす必然である。

“「コツコツと積み重ねることなしには奇跡は起きない」/ 横浜隼人 水谷哲也監督” の続きを読む

「失敗を気にしていたら、絶対に結果は出ません」/ 桐蔭学園 森敬斗選手

2018年に、秋の関東大会を24年ぶりに制し、翌年のセンバツには、18年ぶりの出場を果たした、神奈川県の桐蔭学園高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、走攻守三拍子揃った遊撃手として、全国から注目を集めていた森敬斗選手である。

“「失敗を気にしていたら、絶対に結果は出ません」/ 桐蔭学園 森敬斗選手” の続きを読む

「とにかく野球は気持ちの勝負」/ 福井商 北野尚文監督

高校野球では、高い技術や強靭な肉体を擁していても、最後まで諦めず闘う意志を前面に出した強い気持ちには、勝つことができない。

“「とにかく野球は気持ちの勝負」/ 福井商 北野尚文監督” の続きを読む

「楽しまなきゃ、やる意味がない」/ 八戸学院光星 武岡龍世選手

2019年の甲子園に春夏連続出場を果たし、夏の選手権では8強まで勝ち進んだ、青森県の八戸学院光星

当時、チームの主将を務めていたのは、50メートル5.9の俊足と高校通算23本塁打の長打力に加え、安定した守備も武器としていた武岡龍世選手である。

“「楽しまなきゃ、やる意味がない」/ 八戸学院光星 武岡龍世選手” の続きを読む

「高校生は考え方の成長なくして野球の成長はない」/ 北海 平川敦監督

野球をするのが人間である以上、基となる人間性を鍛えなければ、技術やノウハウをいくら教えたところで、成長や成果には限度がある。

“「高校生は考え方の成長なくして野球の成長はない」/ 北海 平川敦監督” の続きを読む

「背番号1とは、どんな場面でもマウンドに上がって先頭に立ち、チームを支える責任が伴う重い数字」/ 札幌第一 野島丈選手

3度目の出場となった2019年のセンバツで、学校史上初の春の甲子園勝利を目指し戦った、北海道の札幌第一高校。

当時、チームのエースを務めていたのは、手元で伸びる力強い速球と切れ味鋭い変化球を武器としていた、野島丈選手である。

“「背番号1とは、どんな場面でもマウンドに上がって先頭に立ち、チームを支える責任が伴う重い数字」/ 札幌第一 野島丈選手” の続きを読む