「強豪校が相手でも、背伸びをせず、等身大の自分たちで戦うこと」/ 彦根東 村中隆之監督

勝負事では相手の力の強さやスタイルに影響を受けてしまうと、ペースが崩されることになり、本来の力が発揮できなかったり空回りしてしまう。

“「強豪校が相手でも、背伸びをせず、等身大の自分たちで戦うこと」/ 彦根東 村中隆之監督” の続きを読む

「勝つことは大事にしているが、それ以上に高校野球は人を育てる場」/ 中京大中京 高橋源一郎監督

甲子園や全国制覇という目標がある高校野球では、ほとんどのチームが技術を向上させるために練習や努力に励み、試合での勝利というものを目指す。

“「勝つことは大事にしているが、それ以上に高校野球は人を育てる場」/ 中京大中京 高橋源一郎監督” の続きを読む

「一生懸命に頑張りながらも試合に出られない子たちがくさるようなチームには絶対しない」/ 沖縄尚学 比嘉公也監督

高校野球の指導者は、選手を起用する際、技術の高さだけでなく、相手チームとの相性の善し悪しや勝負強いか否かなど、様々な視点から考えて選ぶことが求められる。

“「一生懸命に頑張りながらも試合に出られない子たちがくさるようなチームには絶対しない」/ 沖縄尚学 比嘉公也監督” の続きを読む

「選手に指導者として認めてもらうのが最初の仕事」/ 松山商業 大野康哉監督

どんなに優れた指導方法で接しても、どれだけ実績を残していても、教える相手に認めてもらえなければ、指導者の考え方や想いは伝わることはない。

“「選手に指導者として認めてもらうのが最初の仕事」/ 松山商業 大野康哉監督” の続きを読む

「先はどうなるか分からないが、分からないからこそ必死にやろう」/ 北海 平川敦監督

物事に取り組む上では、ゴールにある何かしらの成果を求めることが多く、そうしたものがモチベーションになり、辛いことであっても継続を促してくれる。

“「先はどうなるか分からないが、分からないからこそ必死にやろう」/ 北海 平川敦監督” の続きを読む

「甲子園や日本一も大事だが、子どもらには愛とロマンを教えなきゃいけない」/ 明秀日立 金沢成奉監督

高校野球をする上で選手たちは、誰しも勝利や技術の向上を目指すが、指導者はそれらをサポートするだけでなく、人間教育にも力を入れなければならない。

“「甲子園や日本一も大事だが、子どもらには愛とロマンを教えなきゃいけない」/ 明秀日立 金沢成奉監督” の続きを読む

「自分に負けるな、負けない自分を作れ」/ 龍谷大平安 原田英彦監督

高校野球だけでなく、何事も目標を達成するためには、毎日の厳しい練習や苦しい努力というものを乗り越えなければならない。

“「自分に負けるな、負けない自分を作れ」/ 龍谷大平安 原田英彦監督” の続きを読む

「ちょっとでも余分なことを考えるから転ぶ」/ 愛工大名電 倉野光生監督

勝負事では、余裕な状態になればなるほど、余計なことを考えてしまうが、目の前のことに集中しなければ、勝利の確率を下げてしまうことになる。

“「ちょっとでも余分なことを考えるから転ぶ」/ 愛工大名電 倉野光生監督” の続きを読む

「子どもには、子どもなりの思いがちゃんとある」/ 箕島 尾藤公監督

人間は誰しも、大人になる過程で子どもを経験しているが、育っ環境や時代の流れによって、学んだことや考えていたことは異なるものである。

“「子どもには、子どもなりの思いがちゃんとある」/ 箕島 尾藤公監督” の続きを読む