「自己満足のためではなく、自分を支えてくれた人たちの笑顔のためにプレーしてほしい」/ 鳥取城北 山木博之監督

春夏の甲子園出場に加え、幾人ものプロ野球選手を輩出するなどの実績を残している鳥取城北高校。

そんなチームを指揮しているのは、中学野球での指導経験もある、山木博之監督である。

鳥取城北は、寮や専用のグラウンドが整備されているなど、野球に専念できる環境が整っている。

そのため、近畿圏を中心に多くの県外選手が、甲子園出場や技術の成長を目指し毎年入部してくる。

しかし、山木監督は自己満足でプレーをしたり野球に取り組むことは求めてはいない。

野球ができるように様々な面で支えてくれている家族や苦楽を共にした仲間、応援してくれている人など、他者のための野球を掲げている。

誰かのためにというモチベーションが、最高のパフォーマンスを引き出すという持論があるからだ。

従って、自分本位な姿勢が見られた際には、レギュラー選手であっても厳しく叱責し、試合で起用しないこともある。

自分以外の人のための野球を追求し、選手としても人としても成長させる山木監督に導かれ、鳥取城北は更なる進化を遂げる。

↓阪上陸選手の記事はこちら↓

鳥取城北の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です