「易しい練習を通じて選手に『できる』という安心感を持たせる必要もある」/ 市和歌山 半田真一監督

私たち人間が成長するためには、他者を上回るような圧倒的な量と質の努力を自身に課したり、極端な環境に身を置くとが最も一般的な方法とされている。

“「易しい練習を通じて選手に『できる』という安心感を持たせる必要もある」/ 市和歌山 半田真一監督” の続きを読む

「いいことも悪いこともあるが、頑張れば誰かが見ている」/ 鳥取城北 阪上陸選手

2020年の夏に行われたセンバツ出場校による甲子園交流試合に出場し、惜しくもサヨナラで敗れも熱戦を繰り広げた鳥取城北高校。

当時、チームのエースを担っていたのは長身から投げ下ろす角度のある直球と、抜群の制球力が持ち味の阪上陸選手である。

“「いいことも悪いこともあるが、頑張れば誰かが見ている」/ 鳥取城北 阪上陸選手” の続きを読む

「感謝の言葉なしに野球はできない」/ 金足農業 嶋﨑久美監督

高校野球では試合でプレーする選手たちが脚光を浴びることが多いが、その裏には必ず控えの選手や他の部員たちのサポート助けがある。

“「感謝の言葉なしに野球はできない」/ 金足農業 嶋﨑久美監督” の続きを読む

「アウトを取られるにしても意味のある取られ方をしないといけない」/ 智弁和歌山 細川凌平選手

2019年の甲子園に春夏連続出場を果たし、センバツではベスト8、選手権ではベスト16に進出した智弁和歌山高校。

当時、2年生ながらチームの中心選手として活躍していたのは、俊足好打に加え高校通算23本塁打の力強い打撃も見せていた、細川凌平選手である。

“「アウトを取られるにしても意味のある取られ方をしないといけない」/ 智弁和歌山 細川凌平選手” の続きを読む

「指導者の力量というのは、教え子が現役を退いて10年後にどんな人間になっているかで見えてきます」/ 東大阪大柏原 田中秀昌監督

高校野球ができるのは僅か3年間しかなく、甲子園全国制覇のチャンスがあるのは数える程のことであり、長い人生の内のごく一部の時間である。

“「指導者の力量というのは、教え子が現役を退いて10年後にどんな人間になっているかで見えてきます」/ 東大阪大柏原 田中秀昌監督” の続きを読む

「初心に帰ることで新しい発見もある」/ 明石商業 来田涼斗選手

2019年の甲子園で、春夏連続4強進出を果たし、翌年の交流試合でも勝利を収めた、地元兵庫代表の明石商業高校。

当時、チームの先頭打者を担っていたのは、甲子園通算3本塁打を含む14安打を記録し、俊足好打の先頭打者として活躍していた来田涼斗選手である。

“「初心に帰ることで新しい発見もある」/ 明石商業 来田涼斗選手” の続きを読む

「同じ結果を目標としても方法は1つじゃない」/ 富山第一 黒田学監督

目指すべゴールが一つであっても、プロセスとなる道はいくつも存在しており、どれかが正しくてどれかが間違っているということはない。

“「同じ結果を目標としても方法は1つじゃない」/ 富山第一 黒田学監督” の続きを読む

「色んな人への感謝の気持ちを持つことが、一人の人間として大事」/ 履正社 関本勇輔選手

2020年の夏に行われた甲子園交流試合で、前年のセンバツの初戦と選手権の決勝に続く、三度目の星稜との対戦で勝ち越しとなる勝利を挙げた履正社高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、強肩強打の選手としてプレーでもチームを引っ張り、全国から注目を集めていた、関本勇輔選手である。

“「色んな人への感謝の気持ちを持つことが、一人の人間として大事」/ 履正社 関本勇輔選手” の続きを読む

「信じる心って大事だと思います」/ 奈良大付 田中一訓監督

大事な場面で力を発揮できる人や結果を残せる人は、量や質が正しい鍛錬をしており、なおかつ、その努力をしてきた自分を信じているものである。

“「信じる心って大事だと思います」/ 奈良大付 田中一訓監督” の続きを読む