「日本一短い練習で日本一強いチームを目指したい」/ 東筑 青野浩彦監督

努力の方法を大きく分けると、短い時間や少ない量で効率よく行う短期集中型と、多くの時間や労力をかけて量で質を上回る型の2種類が存在する。

“「日本一短い練習で日本一強いチームを目指したい」/ 東筑 青野浩彦監督” の続きを読む

「ないものねだりをするのではなく、まず改善できること、改革できることをやる」/ 創志学園 長沢宏行監督

恵まれない環境に居たり、大きなハンデがある場合に、成果や成長が得られなければ、私たちは、不満や言い訳を口にしてしまう傾向がある。

“「ないものねだりをするのではなく、まず改善できること、改革できることをやる」/ 創志学園 長沢宏行監督” の続きを読む

「強制からは何も生まれないと思っています」/ 土浦日大 小菅勲監督

どれだけ良い指導者の指示であっても、どんなに効果のある練習メニューであっても、本人の意志がなく強制された状態では、成長や成果は得られない。

“「強制からは何も生まれないと思っています」/ 土浦日大 小菅勲監督” の続きを読む

「監督が変わらなくては誰もついてこない」/ 大垣日大 阪口慶三監督

努力や試行錯誤を繰り返し、自分なりに考え出したやり方で結果が出ると、自信や喜びなると同時に、その方法にこだわるようになってしまうようになる。

“「監督が変わらなくては誰もついてこない」/ 大垣日大 阪口慶三監督” の続きを読む

「選手が自ら考えて動かなければ、いいプレーはできません」/ 東北 若生正廣監督

何事も、「やらされている」といった受け身の状態で取り組んでいては、本来の力が発揮できないため、良い結果などが得られることはない。 

“「選手が自ら考えて動かなければ、いいプレーはできません」/ 東北 若生正廣監督” の続きを読む

「一球にまごころを込めて野球をやらなければいけない」/ 開星 野々村直通監督

野球界には、一球に対して魂を込めるという意味を持つ「一球入魂」という言葉があるが、多くの人は、勝つためや結果を残すためのモットーとしてとらえている。

“「一球にまごころを込めて野球をやらなければいけない」/ 開星 野々村直通監督” の続きを読む

「一人一人が役割を受け止め、責任を果たしてくれたらチームは強くなる」/ 桐蔭学園 片桐健一監督

野球をはじめとした団体競技では、レギュラー選手だけでなく控え選手にも役割があり、その役割をチーム全員が果たすことで、成長成果につながる。

“「一人一人が役割を受け止め、責任を果たしてくれたらチームは強くなる」/ 桐蔭学園 片桐健一監督” の続きを読む

「甲子園に勝ち方はないが、負け方はある」/ 日大山形 荒木準也監督

「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」という言葉があるように、高校野球にも、勝つための絶対条件はないが、負ける時は何かしら理由がある。

“「甲子園に勝ち方はないが、負け方はある」/ 日大山形 荒木準也監督” の続きを読む

「成長過程のチームは勝つことで強くなる」/ 神戸国際大付 青木尚龍監督

高校野球では、下馬評は低くとも、試合をする中で力をつけていき、勝利や成功体験を自信として結果を残すようなチームが存在する。

“「成長過程のチームは勝つことで強くなる」/ 神戸国際大付 青木尚龍監督” の続きを読む