「やらされる練習は宿題の答えを丸写ししているのと同じ」/ 高松商 長尾健司監督

昨今、高校野球界で主流となりつつある、「選手たちの考えを尊重したスタイル」を導入し、名門、高松商業を復活へと導いた、長尾健司監督

“「やらされる練習は宿題の答えを丸写ししているのと同じ」/ 高松商 長尾健司監督” の続きを読む

「苦労は背負わず、前に置いて乗り越えなさい」/ 拓大紅陵 小枝守監督

高校野球も人生同様、多かれ少なかれ苦労というものに出会うが、それを乗り越えた先には、新たな自分や理想の結果にたどり着けるものである。

“「苦労は背負わず、前に置いて乗り越えなさい」/ 拓大紅陵 小枝守監督” の続きを読む

「力をつけるのではなく、持ってる力をいかに発揮するか」/ 享栄 大藤敏行監督

高校野球の2年半では、正しい努力と適切な練習量をこなせば、急激な成長ができるが、それらは決して新たなに身についた力ではなく、持っている力を引き出されたものであることが多い。

“「力をつけるのではなく、持ってる力をいかに発揮するか」/ 享栄 大藤敏行監督” の続きを読む

「自分からやろうとしたことは限界なくやれる」/ 箕島 尾藤公監督

体罰や理不尽を含めたスパルタ指導は、かつての高校野球界では、当たり前とされていた時期があり、 箕島高校を指揮していた尾藤公監督も、「鬼の尾藤」と称されるほど、厳しい指導を行っていた。

“「自分からやろうとしたことは限界なくやれる」/ 箕島 尾藤公監督” の続きを読む

「野球が進化する中で指導者も変わらないといけない」/ 花巻東 佐々木洋監督

情報化社会の発達は、スポーツ界にも大きく影響し、指導スタイルや練習メニューなどに変化をもたらすきっかけとなっている。

“「野球が進化する中で指導者も変わらないといけない」/ 花巻東 佐々木洋監督” の続きを読む

「野球だけではなく人生の勝利者になってほしい」/ 報徳学園 永田裕治監督

選手として甲子園を目指せる期間は、高校の3年間の5回のチャンスしかないがために、球児たちは、青春の全てを野球に注ぎ込む

“「野球だけではなく人生の勝利者になってほしい」/ 報徳学園 永田裕治監督” の続きを読む

「やるかやらないかは結局、本人次第です」/ 履正社 岡田龍生監督

どれだけ良い練習環境が整っていても、どんなに素晴らしい指導者がいても、選手自身に意欲がなければ、上達もなければ成果も出ない。

“「やるかやらないかは結局、本人次第です」/ 履正社 岡田龍生監督” の続きを読む

「自分の野球観は経験でしかない、指導するなんておこがましい」/ 早稲田実 和泉実監督

高校野球では、伝統校や強豪校を指揮する際、ファンからの期待やOBからの声があり、結果を急ぎ監督主体のチームになってしまうことが多い。

“「自分の野球観は経験でしかない、指導するなんておこがましい」/ 早稲田実 和泉実監督” の続きを読む

「スポーツマンはずるい考えは絶対ダメ」/ 帝京 前田三夫監督

高校野球では、生活指導や人間形成など、教育の部分も大切ではあるが、やはり、選手たちの「勝利」という期待に応えることは、ぶれてはいけないものだろう。

“「スポーツマンはずるい考えは絶対ダメ」/ 帝京 前田三夫監督” の続きを読む