「自分でやれる選手にならないと、上に行った時に限度がある」/ 履正社 岡田龍生監督

勉強やスポーツだけでなく何事においても、人からの指示やアドバイスだけでは、ある一定のレベルに達することはできても、その後の成長に限度がある。

“「自分でやれる選手にならないと、上に行った時に限度がある」/ 履正社 岡田龍生監督” の続きを読む

「反省は必要でも責めてはいけない」/ 前橋育英 荒井直樹監督

成長や成果を目指す上では、物事がひと段落ついた際に振り返りを行い、取り組む姿勢や挑戦の仕方、努力量が足りていたか否かなどを反省することが先決である。

“「反省は必要でも責めてはいけない」/ 前橋育英 荒井直樹監督” の続きを読む

「逆境は嫌わず、染まってしまえばいい」/ 興南 我喜屋優監督

苦労や苦戦が続き、自らが望む状況が実現できなかった場合、私たちは環境や他人のせいにして、逃げたり諦めたりしてしまいがちである。

“「逆境は嫌わず、染まってしまえばいい」/ 興南 我喜屋優監督” の続きを読む

「チャンスが来ただけでは何も起きない、生かすも殺すも自分たち次第」/ 学法石川 佐々木順一朗監督

人生では何度でもチャンスというものが訪れるが、多くの場合は気づかずにいたり見逃してしまったりと、掴めずに過ぎ去ってしまっている。

“「チャンスが来ただけでは何も起きない、生かすも殺すも自分たち次第」/ 学法石川 佐々木順一朗監督” の続きを読む

「選手だけを鍛えるのではなく、自分自身も鍛えないといけない」/ 帝京 前田三夫監督

スポーツというものは、コーチや監督などの指導者がどれだけ優れていても、プレーをするのが選手たちにも力がなければ結果は残せない。

“「選手だけを鍛えるのではなく、自分自身も鍛えないといけない」/ 帝京 前田三夫監督” の続きを読む

「褒めるだけが愛情じゃない」/ 広陵 中井哲之監督

指導者という立場の人は、やる気が引き出すために、結果はどうあれ少しの成長や努力であっても、きちんと評価し褒めることが求められる。

“「褒めるだけが愛情じゃない」/ 広陵 中井哲之監督” の続きを読む

「『監督と選手』の前に『一人と一人の人間』」/ 日大三 小倉全由監督

高校野球では、選手たち同士の繋がりは比較的簡単ではあるが、立場の異なる指導者と選手が繋がりを持ったり、信頼関係を築くことは難しいものである。

“「『監督と選手』の前に『一人と一人の人間』」/ 日大三 小倉全由監督” の続きを読む

「棚からのぼた餅を手に入れられるのは、幸運の持ち主ではなく、棚の一番近くで手を挙げ続ける努力をした者」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督

努力というものに励んでも成果というものは保証されていないため、多くの人は、結果が出たことの要因を、幸運と認識してしまいがちである。

“「棚からのぼた餅を手に入れられるのは、幸運の持ち主ではなく、棚の一番近くで手を挙げ続ける努力をした者」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督” の続きを読む

「楽しいだけでは頼もしい人間は育たない」/ 横浜 渡辺元智監督

例えどんなに好きなものであっても、続けていれば、壁にぶつかったり課題の克服に苦戦したりと、辛さやしんどさというものに触れることとなる。

“「楽しいだけでは頼もしい人間は育たない」/ 横浜 渡辺元智監督” の続きを読む