「心の持ちようでパフォーマンスは変わります」/ 愛工大名電 山崎武司選手

1986年の夏の愛知県大会5回戦で、前年の県大会準優勝校にして、優勝候補筆頭でもありながら敗れた、愛工大名電高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、高校通算56本塁打の強打者として全国から注目を集めていた、山崎武司選手である。

“「心の持ちようでパフォーマンスは変わります」/ 愛工大名電 山崎武司選手” の続きを読む

「強く思わない限り実現できない」/ 浜田 和田毅選手

2年連続の出場となった、1998年の夏の甲子園で、学校史上初の8強進出を果たした、島根県の浜田高校

当時、チームのエースを務めていたのは、球の出どころが見えにくいフォームと、球速以上のキレのあるボールを武器にしていた、和田毅選手である。

“「強く思わない限り実現できない」/ 浜田 和田毅選手” の続きを読む

「たくさん練習をした中にいろいろな発見がある」/ 尽誠学園 田中浩康選手

2年連続の出場となった、1999年の夏の甲子園で、16強まで勝ち進んだ、香川県の尽誠学園高校。

当時、2年生ながらを二塁手のレギュラー務めていたのは、攻守にわたる活躍で注目を集めていた、田中浩康選手である。

“「たくさん練習をした中にいろいろな発見がある」/ 尽誠学園 田中浩康選手” の続きを読む

「試合でどうするかじゃなく、それ以前にどうするか」/ 沖縄水産 大野倫選手

1991年の夏の甲子園で、2年連続となる準優勝を果たした、沖縄水産高校。

当時チームのエースを務めていたのは、打者としても高校通算18本塁打の活躍を見せ注目されていた、大野倫選手である。

“「試合でどうするかじゃなく、それ以前にどうするか」/ 沖縄水産 大野倫選手” の続きを読む

「練習の選択肢は選手が自分で選択してやっていくべきだと思う」/ 東北 ダルビッシュ有選手

2004年の甲子園に春夏連続出場し、センバツでは8強、選手権では16強まで勝ち進んだ宮城県の東北高校

当時、チームのエースを務めていたのは、前年夏の甲子園で2年生ながら中心投手として準優勝へ導いたことで、注目を集めていた、ダルビッシュ有選手である。

“「練習の選択肢は選手が自分で選択してやっていくべきだと思う」/ 東北 ダルビッシュ有選手” の続きを読む

「とにかく誰よりも練習をやることが大切」/ 横浜 涌井秀章選手

2004年の夏の甲子園で、優勝候補として徹底マークされる中、前評判通りの活躍を見せ、8強進出を果たした、横浜高校

当時、チームのエースを務めていたのは、最速148キロの速球を武器に、3試合連続2桁奪三振を記録していた、涌井秀章選手である。

“「とにかく誰よりも練習をやることが大切」/ 横浜 涌井秀章選手” の続きを読む

「準備して結果を出すことの積み重ねが自分の力になっていく」/ PL学園 宮本慎也選手

1987年の甲子園で、投打にわたる圧倒的な強さを見せ、史上4校目となる春夏連覇を達成した大阪府のPL学園高校。

当時、チームで唯一2年生ながら夏の甲子園決勝にスタメンで出場していたのは、高い守備力で注目を集めていた、宮本慎也選手である。

“「準備して結果を出すことの積み重ねが自分の力になっていく」/ PL学園 宮本慎也選手” の続きを読む

「努力をした人しか夢を叶えるチャンスはない」/ 済美 田坂僚馬選手

2004年の甲子園に、創部3年目ながら春夏連続出場し、センバツでは優勝、選手権では準優勝を成し遂げた、愛媛県の済美高校。

当時、チームの三塁手を務めていたのは、下位打線ながら高打率も残し、攻守にわたりチームを支えていた、田坂僚馬選手である。

続きを読む

「松井選手に打たれるために、3年間野球をやっていたんじゃない」/ 明徳義塾 河野和洋選手

2年連続の出場となった1992年の夏の甲子園で、16強まで勝ち進んだ、高知県の明徳義塾高校。

当時、背番号8ながら、チームの中心投手を務めていたのは、初戦の星稜戦で松井選手に対して、「5打席連続敬遠」をしたことで注目を浴びた、河野和洋選手である。

“「松井選手に打たれるために、3年間野球をやっていたんじゃない」/ 明徳義塾 河野和洋選手” の続きを読む