「苦しい戦いを勝ってこそ連覇が見えてくる」/ 横浜 松坂大輔選手

1997年の新チーム結成後、神宮大会センバツ選手権国体と、史上初の4冠を成し遂げ、公式戦1年間負けなしという記録を作った、横浜高校

当時、チームのエースを務めていたのは、夏の甲子園の決勝戦でノーヒットノーランを達成するなどの活躍を見せていた、松坂大輔選手である。

“「苦しい戦いを勝ってこそ連覇が見えてくる」/ 横浜 松坂大輔選手” の続きを読む

「小さなことを大切にしていかないと、頂点には立てない」/ 愛工大名電 鈴木一朗選手

1990年の夏の甲子園から2季連続で甲子園出場を果たした、愛知県の愛工大名電

当時、チームの打の中軸を担っていたのは、高校通算19本塁打、269安打を筆頭に数々の実績を残した、鈴木一朗選手である。

“「小さなことを大切にしていかないと、頂点には立てない」/ 愛工大名電 鈴木一朗選手” の続きを読む

「『5打席連続敬遠された』という事実にふさわしい打者に成長しよう」/ 星稜 松井秀喜選手

1992年の甲子園に、春夏連続出場を果たし、センバツでは8強に進出した、石川県の星稜高校。

当時、チームの主軸を務めていたのは、甲子園での4本を含む、高校通算60本塁打を記録していた、松井秀喜選手である。

“「『5打席連続敬遠された』という事実にふさわしい打者に成長しよう」/ 星稜 松井秀喜選手” の続きを読む

「努力を積み重ねてきたからこそ、見えない力が味方してくれる」/ PL学園 桑田真澄選手

1983年から5大会連続で甲子園出場を果たし、2度の全国制覇と2度の準優勝を成し遂げるなど、黄金時代を築いた、大阪府のPL学園

当時、チームの中心選手として、甲子園通算20勝、6本塁打などを記録し、投打にわたる活躍を見せていたのが、桑田真澄選手である。

“「努力を積み重ねてきたからこそ、見えない力が味方してくれる」/ PL学園 桑田真澄選手” の続きを読む

「『頑張りすぎない』時間も大切だと思います」/ 横浜 及川雅貴選手

2018年の夏、神奈川大会3連覇を成し遂げ出場した甲子園では、ベスト16進出を果たした、横浜高校

当時、2年生ながら最速152キロを誇り、地方大会では胴上げ投手となったのが、及川雅貴選手である。

“「『頑張りすぎない』時間も大切だと思います」/ 横浜 及川雅貴選手” の続きを読む

「苦しい時こそ笑顔を忘れない」/ 近江 中尾雄斗選手

2018年の甲子園に春夏連続で出場し、センバツでは16強、夏はベスト8まで勝ち進んだ滋賀県の近江高校

当時、チームの主将を務めていたのは、100回記念となった夏の甲子園で選手宣誓という大役を担い、全国からも注目を集めた、中尾雄斗選手である。

“「苦しい時こそ笑顔を忘れない」/ 近江 中尾雄斗選手” の続きを読む

「自分が求められていることを、しっかり理解すること」/ 明徳義塾 西浦颯大選手

7年連続の出場となった、2016年の夏の甲子園で、4強進出を果たした、高知県の明徳義塾高校。

当時、2年生ながらチームの中軸を担っていたのは、甲子園で満塁ホームランを放つなどの活躍を見せた、西浦颯大選手である。

“「自分が求められていることを、しっかり理解すること」/ 明徳義塾 西浦颯大選手” の続きを読む

「普段は悲観的に、試合では楽観的に」/ 木更津総合 早川隆久選手

2016年の甲子園で、春夏連続ベスト8入りを果たした、千葉県の木更津総合高校。

当時、チームのエースを務めていたのは、抜群のコントロールと、テンポの良いピッチングで、甲子園通算50奪三振を記録した、早川隆久選手である。

“「普段は悲観的に、試合では楽観的に」/ 木更津総合 早川隆久選手” の続きを読む

「冷静に自分たちの野球をすれば勝てる」/ 健大高崎 柘植世那選手

2015年のセンバツで、2季連続となる8強入を果たした、群馬県の健大高崎高校。

当時チームの主将を務めていたのは、高校通算32本塁打を放った強打の捕手としても注目されていた、柘植世那選手である。

“「冷静に自分たちの野球をすれば勝てる」/ 健大高崎 柘植世那選手” の続きを読む