「自分は上手い、強いとか、思ったら上手くならない」/ 八重山商工 伊志嶺吉盛監督

2006年、離島勢として初となる春夏連続で甲子園出場を果たし、全国から注目を集めた、沖縄県の八重山商工

そんなチームを約20年指揮していたのは、中学野球チームの監督時代に世界大会4強へ導いた実績を持つ、伊志嶺吉盛監督である。

“「自分は上手い、強いとか、思ったら上手くならない」/ 八重山商工 伊志嶺吉盛監督” の続きを読む

「ぶれずに自分が目指すところをしっかりやろう」/ 八重山商工 大嶺祐太選手

2006年の甲子園に、日本最南端の高校として春夏連続で甲子園出場を果たし、夏の選手権では、16強にまで勝ち進んだ、沖縄県の八重山商工

そんなチームを、エースとして支えていたが、中学時代には世界3位に進出した経験を持つ、大嶺祐太選手である。

“「ぶれずに自分が目指すところをしっかりやろう」/ 八重山商工 大嶺祐太選手” の続きを読む

「負けて初めて気づくことがあります」/ 八重山商工 伊志嶺吉盛監督

2006年に日本最南端からの甲子園出場で全国の高校野球ファンを沸かせた、八重山商工

センバツ大会では初戦突破をすると、夏の選手権では16強まで勝ち進み、大きな注目を集めた。

そんな八重山商工を育て上げたのが、伊志嶺吉盛監督である。

続きを読む

「怒られて『何くそ』と思ってくれれば」/ 八重山商工 伊志嶺吉盛監督

高校野球の歴史で離島の高校として、初めて甲子園出場した沖縄県の八重山商工

甲子園出場は春夏合わせて二度だが、その知名度は凄まじい。

2006年のセンバツで離島から甲子園への出場で、全国から大きな注目を集めたのだ。

センバツで初出場初勝利を挙げると、夏の甲子園では16強まで勝ち進んだ。

八重山商工は、「100年かかっても八重山から甲子園は無理」と言われていた、不可能を可能にし、島の歴史を作ってきたのだ。

そんなチームを作り上げたのが伊志嶺吉盛監督である。

続きを読む