「自分がいつもやっている事を今日は相手にやられてしまいました」

1983年

 第65回全国高等学校野球選手権大会

準決勝

PL学園 (大阪府代表) × 池田 (徳島県代表)
“「自分がいつもやっている事を今日は相手にやられてしまいました」” の続きを読む

「成功というのは失敗したもんだけが到達できる特権」/ 池田 蔦文也監督

負けからのスタート」を合言葉に、失敗や挫折を何度も乗り越え、  徳島県の無名校であった池田高校を、春夏合わせて3度、全国制覇へ導いた蔦文也監督

小技に頼らず、豪快な打撃で相手を圧倒するチームを作り上げたことから、「攻めダルマ」という異名で、多くの高校野球ファンから親しまれていた。

“「成功というのは失敗したもんだけが到達できる特権」/ 池田 蔦文也監督” の続きを読む

「勝つことより、3年間ともに戦ってきた仲間たちと何を学ぶかが大事」/ 池田 水野雄仁選手

1982年の夏の甲子園で、初優勝を果たすと、翌年のセンバツも制して、夏春連覇を成し遂げた、徳島県の池田高校

当時チームの主軸選手として、投打にわたって活躍を見せ、連覇に貢献したのは、水野雄仁選手である。

“「勝つことより、3年間ともに戦ってきた仲間たちと何を学ぶかが大事」/ 池田 水野雄仁選手” の続きを読む

「勝負は強気の攻めの方が勝率は高い」/ 池田 蔦文也監督

やまびこ打線」と称される豪快な攻撃で試合の主導権を握り、春夏合わせて3度の甲子園制覇を記録している、徳島県の池田高校

かつてチームを指揮していたのは、多くの野球ファンから「攻めだるま」と親しまれ、甲子園で春夏通算37勝を挙げている蔦文也監督である。

“「勝負は強気の攻めの方が勝率は高い」/ 池田 蔦文也監督” の続きを読む

「今出来ることをやるだけです」/ 池田 岡田康志監督

春夏合わせて甲子園で、40勝を超える勝ち星を挙げている名門、徳島県の池田高校

昭和49年のセンバツ大会での準優勝時には、「爽やかイレブン」の名で注目を浴びると、57年の夏の甲子園で初の全国制覇を成し遂げ翌年のセンバツも制して夏春連覇を達成。

バントや小技に頼らず、次々と積極的な打撃で得点を挙げる「やまびこ打線」で、高校野球ファンから親しまれている。

続きを読む

「人生は敗者復活戦」/ 池田 蔦文也監督

途切れなく響く打球の音から「やまびこ打線」と称された徳島県の池田高校。

名だたる強豪校を攻撃型野球で倒し、一時代を築いた公立の名門である。

そんな池田高校を全国レベルに育て上げたのが蔦文也監督である。

続きを読む

「鍛錬千日の行、勝負一瞬の行」/ 池田 蔦文也監督

「やまびこ打線」の愛称で親しまれていた、徳島県の池田高校

春夏合わせて、甲子園で40を超える勝ち星を挙げ、3度の優勝と2度の準優勝など、輝かしい成績を残す名門である。

昭和57年の夏の甲子園から翌年の夏の甲子園準決勝まで、無傷の15連勝を記録するなど、一時代を築いた。

そんなチームを作り上げたのが59歳で初めて甲子園を制した名将、蔦文也監督である。

続きを読む