「誰でもできることができなければ技術の向上はあり得ません」/ 常葉大菊川 石岡諒哉監督

基礎や基本ということの繰り返しは、地道で退屈なものであるため、どうしても手を抜いてしまったり、雑に済ませてしまうことは多い。

“「誰でもできることができなければ技術の向上はあり得ません」/ 常葉大菊川 石岡諒哉監督” の続きを読む

「甲子園は目指す場所じゃない」/ 県岐阜商 佐々木泰選手

2020年の夏にセンバツの代替として行われた交流試合で、5年ぶりに甲子園に土を踏み、名門復活をアピールした県立岐阜商業高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、甲子園での1本を含む高校通算41本塁打を記録し、強打者として注目を集めていた、佐々木泰選手である。

“「甲子園は目指す場所じゃない」/ 県岐阜商 佐々木泰選手” の続きを読む

「一生懸命頑張れば、野球の神様はご褒美をくれる」/ 富島 浜田登監督

努力は必ず報われる」という言葉があるように、頑張ったことは結果として現れなくとも、成長や経験値など何かしらの効果をもたらしてくれるものである。

“「一生懸命頑張れば、野球の神様はご褒美をくれる」/ 富島 浜田登監督” の続きを読む

「落ち込んでいても何も変わらない」/ 中京大中京 高橋宏斗選手

2019年の秋の新チーム結成時から、2020年の夏の甲子園交流試合まで約1年間公式戦無敗を誇ったた、愛知県の中京大中京高校。

当時、チームのエースを担っていたのは、最速154キロのストレートに、切れ味鋭い変化球のコンビネーションで世代最強右腕と称されていた、高橋宏斗選手である。

“「落ち込んでいても何も変わらない」/ 中京大中京 高橋宏斗選手” の続きを読む

「いくらセンスが備わっていても努力が出来なければ結果は出ません」/ 福井工大福井 田中公隆監督

人には誰しも、得意不得意や向き不向きがあるように、生まれながらにして持つセンスというものが何かしら備わっているものである。

“「いくらセンスが備わっていても努力が出来なければ結果は出ません」/ 福井工大福井 田中公隆監督” の続きを読む

「勝てるチームじゃなく、負けないチームをつくる」/ 東海大相模 山村崇嘉選手

2020年の夏に行われた、選手権予選の代替大会を制し、前年の春季県大会からの4季連続優勝に加え、連勝記録を29に伸ばした、東海大相模高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、高校通算49本塁打のスラッガーとして中軸を担い、全国から注目を集めていた、山村崇嘉選手である。

“「勝てるチームじゃなく、負けないチームをつくる」/ 東海大相模 山村崇嘉選手” の続きを読む

「下を向かずに諦めずに努力をすることは必ず将来の自分に返ってくる」/ 日本航空石川 中村隆監督

努力というものは、しんどいことや苦しいことが多いことに加え、成果というものを保証してくれていないため、取り組んだり継続することは難しい。

“「下を向かずに諦めずに努力をすることは必ず将来の自分に返ってくる」/ 日本航空石川 中村隆監督” の続きを読む

「甲子園は自分たちを成長させてくれる場所」/ 花咲徳栄 井上朋也選手

2020年の夏に行われた史上初の甲子園高校野球交流試合の開幕戦に登場し、勝利を挙げた埼玉県の花咲徳栄高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、高校通算50発のスラッガーとして注目を集め、甲子園で選手宣誓の大役も担った井上朋也選手である。

“「甲子園は自分たちを成長させてくれる場所」/ 花咲徳栄 井上朋也選手” の続きを読む

「いつくるかわからない次のチャンスで即ミスを取り返せるほど、高校生はまだ力をもってません」/ 宇部商業 玉国光男監督

高校野球では、「プロ注目」や「逸材」と称されるような高い技術を持つ選手が存在することがあるが、あくまで高校生のため精神面では発達途上である。

“「いつくるかわからない次のチャンスで即ミスを取り返せるほど、高校生はまだ力をもってません」/ 宇部商業 玉国光男監督” の続きを読む