「選手が父親と慕う熱血監督の元、日本大学第三高校、深い絆で掴んだ2度目の全国制覇です!!」

2011年 第93回全国高等学校野球選手権大会 決勝戦 日大三高 (西東京代表) × 光星学院 (青森県代表)

「誰でもできることができなければ技術の向上はあり得ません」/ 常葉大菊川 石岡諒哉監督

基礎や基本ということの繰り返しは、地道で退屈なものであるため、どうしても手を抜いてしまったり、雑に済ませてしまうことは多い。

「一生懸命頑張れば、野球の神様はご褒美をくれる」/ 富島 浜田登監督

「努力は必ず報われる」という言葉があるように、頑張ったことは結果として現れなくとも、成長や経験値など何かしらの効果をもたらしてくれるものである。

「試合に負けても勝負に勝て」/ 如水館 迫田穆成監督

野球というスポーツは、相手より圧倒的に力が劣って、安打の数が下回っていたり、三振の数が多くとも、スコアボードの数字で1点でも上回っていれば勝利となる。

「勝つためには心の教育が大事」/ 東北 若生正廣監督

高校野球で全国制覇や甲子園といった、勝利を求める場合、高い技術のある選手を育てることや、スキルのある選手を集めることに力を入れがちになる。

「変化を恐れていては絶対に前には進めません」/ 東邦 森田泰弘監督

物事がある程度上手く進んでいたり結果を残せている場合、私たちは現状を無理に変化させることを行わず、満足したり維持するようになる。

「課題の克服には、選手たちの自覚が重要です」/ 習志野 小林徹監督

何かしらの目標を達成する上では、目指すべき理想と現実の自分の間に存在する足りない部分を補うための努力や、 身につけていくことが求められる。

「結果が出せなくても一生懸命最後までやり通すことが次につながる」/ 三重 中村好治監督

世の中では結果が重視されることが多く、どれだけ頑張ったかや、どのくらいの努力を行ったかなどの、過程というものが評価を得る場面は少ない。

「劣勢はマイナスではない」/ 中京学院大中京 橋本哲也監督

勝負事でピンチになると、失点やミスなどのリスクを恐れ必要以上に焦ってしまったり、早くその状態から脱出しようと考えたりしてしまうものである。