「選手が父親と慕う熱血監督の元、日本大学第三高校、深い絆で掴んだ2度目の全国制覇です!!」

2011年 第93回全国高等学校野球選手権大会 決勝戦 日大三高 (西東京代表) × 光星学院 (青森県代表)

「力をつけるのではなく、持ってる力をいかに発揮するか」/ 享栄 大藤敏行監督

高校野球の2年半では、正しい努力と適切な練習量をこなせば、急激な成長ができるが、それらは決して新たなに身についた力ではなく、持っている力を引き出されたものであることが多い。

「とにかく誰よりも練習をやることが大切」/ 横浜 涌井秀章選手

2004年の夏の甲子園で、優勝候補として徹底マークされる中、前評判通りの活躍を見せ、8強進出を果たした、横浜高校。 当時、チームのエースを務めていたのは、最速148キロの速球を武器に、3試合連続2桁奪三振を記録していた、 … “「とにかく誰よりも練習をやることが大切」/ 横浜 涌井秀章選手” の続きを読む

「野球だけではなく人生の勝利者になってほしい」/ 報徳学園 永田裕治監督

選手として甲子園を目指せる期間は、高校の3年間の5回のチャンスしかないがために、球児たちは、青春の全てを野球に注ぎ込む。

「スポーツマンはずるい考えは絶対ダメ」/ 帝京 前田三夫監督

高校野球では、生活指導や人間形成など、教育の部分も大切ではあるが、やはり、選手たちの「勝利」という期待に応えることは、ぶれてはいけないものだろう。

「甲子園優勝は偶然できるものではない」/ 仙台育英 須江航監督

高校野球の世界では、甲子園出場や上位進出であれば、運に助けられることもあるが、優勝するためには、根拠となるものが必要になる。

「すべての試合展開が『想定内』であるように、心掛けています」/ 東海大相模 門馬敬治監督

試合で起こりうる全てのことが、「想定内」であるからこそ、東海大相模は、どんな状況であっても、自分たちの野球を貫けるのだろう。

「集中力を欠くプレーこそ最大のエラー」/ 作新学院 小針崇宏監督

2010年代の夏の栃木県大会で、9度の優勝を成し遂げるという、驚異的な成績を残した作新学院の強さは、小針崇宏監督の「準備」と「覚悟」を重視した指導にあった。