「『選手を信じること』が何よりも大切なことです」/ 大垣日大 阪口慶三監督

2007年のセンバツ大会で「希望枠」として甲子園初出場を果たし、準優勝を成し遂げた大垣日大。 チームを指揮しているのは、愛知の名門、東邦高校で監督として全国制覇1回、準優勝2回の経験を持つ阪口慶三監督である。

「こんな所で負けてたまるか」/ 秀岳館 九鬼隆平選手

2016年の甲子園で春夏連続4強進出を果たした、熊本県の強豪、秀岳館高校。 そんなチームを主将兼4番打者として支え、甲子園でも活躍を見せたのが、九鬼隆平選手である。

「監督が勝負にこだわらなかったら、頑張ってる選手に失礼」/ 帝京 前田三夫監督

春夏合わせて3度の全国制覇を成し遂げていることから、「東の横綱」と称されることもある、東京の名門、帝京高校。 チームを1972年のから率いているのは、甲子園で通算3度の優勝へとチームを導き、50を超える勝ち星を挙げている … “「監督が勝負にこだわらなかったら、頑張ってる選手に失礼」/ 帝京 前田三夫監督” の続きを読む

「選手には根拠のある自信をつけさせることが必要」/ PL学園 中村順司監督

1980年代に、春夏合わせて6度の全国制覇を成し遂げるなど、圧倒的強さで一時代を築いた名門PL学園。 PL学園を80年から98年のセンバツまで指揮していたのが、名将、中村順司監督である。

「お父さんを日本一の監督に、お母さんを日本一の寮母にしたい」/ 前橋育英 荒井海斗選手

2013年の夏の甲子園で、初出場初優勝の快挙を成し遂げた群馬県の前橋育英高校。 チームを全国制覇へと導いたのが、荒井直樹監督の息子でもある、主将の荒井海斗選手である。

「優勝旗を返しにいくんじゃなくて奪いにいくんだ」/ 日大三 金子凌也選手

2011年、前評判通りの圧倒的な強さで2度目の夏の全国制覇を成し遂げた名門、日大三高。 そんな名門の新チームの主将に任命されたのが、2年生ながら2番打者として打率5割7分1厘を残し優勝に貢献した、金子凌也選手である。

「どうしたらいいのかと考え、変えていくことが上達するために大切なこと」/ 広陵 中井哲之監督

1911年の創部後、センバツで3度の全国制覇、春夏合わせて40回以上の甲子園出場を記録している、広陵高校。 そんな伝統あるチームを指揮しているのが、選手時代に広陵のユニフォームを着て、春夏甲子園出場を果たした経験を持つ、 … “「どうしたらいいのかと考え、変えていくことが上達するために大切なこと」/ 広陵 中井哲之監督” の続きを読む

「成功よりも失敗、勝利よりも敗北から得られることの方が大きい」/ 横浜 渡辺元智監督

昭和38年の初出場から、甲子園で5割を超える勝率を残し、平成10年の春夏連覇などを筆頭に甲子園で春夏合わせて5度の全国制覇を成し遂げている横浜高校。 そんなチームを50年指導していたのが、甲子園で春夏合わせて51の勝ち星 … “「成功よりも失敗、勝利よりも敗北から得られることの方が大きい」/ 横浜 渡辺元智監督” の続きを読む

「野球は9回だけど、人生のスコアボードはずっと続く」/ 興南 我喜屋優監督

昭和と平成の時代で、春夏合わせて16度の甲子園出場で、24の勝ち星を挙げ、2度の全国制覇を経験している沖縄県の興南高校。 チームを指揮しているのは、選手時代に4番で主将としてとして甲子園に出場し、県勢初の4強進出を果たし … “「野球は9回だけど、人生のスコアボードはずっと続く」/ 興南 我喜屋優監督” の続きを読む