「色んな人への感謝の気持ちを持つことが、一人の人間として大事」/ 履正社 関本勇輔選手

2020年の夏に行われた甲子園交流試合で、前年のセンバツの初戦と選手権の決勝に続く、三度目の星稜との対戦で勝ち越しとなる勝利を挙げた履正社高校。 当時、チームの主将を務めていたのは、強肩強打の選手としてプレーでもチームを … “「色んな人への感謝の気持ちを持つことが、一人の人間として大事」/ 履正社 関本勇輔選手” の続きを読む

「甲子園は目指す場所じゃない」/ 県岐阜商 佐々木泰選手

2020年の夏にセンバツの代替として行われた交流試合で、5年ぶりに甲子園に土を踏み、名門復活をアピールした県立岐阜商業高校。 当時、チームの主将を務めていたのは、甲子園での1本を含む高校通算41本塁打を記録し、強打者とし … “「甲子園は目指す場所じゃない」/ 県岐阜商 佐々木泰選手” の続きを読む

「勝てるチームじゃなく、負けないチームをつくる」/ 東海大相模 山村崇嘉選手

2020年の夏に行われた、選手権予選の代替大会を制し、前年の春季県大会からの4季連続優勝に加え、連勝記録を29に伸ばした、東海大相模高校。 当時、チームの主将を務めていたのは、高校通算49本塁打のスラッガーとして中軸を担 … “「勝てるチームじゃなく、負けないチームをつくる」/ 東海大相模 山村崇嘉選手” の続きを読む

「甲子園は自分たちを成長させてくれる場所」/ 花咲徳栄 井上朋也選手

2020年の夏に行われた史上初の甲子園高校野球交流試合の開幕戦に登場し、勝利を挙げた埼玉県の花咲徳栄高校。 当時、チームの主将を務めていたのは、高校通算50発のスラッガーとして注目を集め、甲子園で選手宣誓の大役も担った井 … “「甲子園は自分たちを成長させてくれる場所」/ 花咲徳栄 井上朋也選手” の続きを読む

「我慢した分だけ強くなれる」/ 鹿児島実 宮下正一監督

誰しも苦しいことやしんどいことがあると、逃げたい気持ちや辞めたい気持ちが勝ってしまい、挑戦する場合にも手を抜いたりと、どうしても積極的にはなれない。

「事象が変わらなくてもそれをどう捉えるかは自分たちで変えられる」/ 米子東 福島康太選手

20年以上のブランクがありながらも、2019年の甲子園に春夏連続出場を果たし、見事、古豪復活を成し遂げた、鳥取県の米子東高校。 当時、チームの主将を務めていたのは、巧みなバッティングと鉄壁の守備でもチームを支えていた、福 … “「事象が変わらなくてもそれをどう捉えるかは自分たちで変えられる」/ 米子東 福島康太選手” の続きを読む

「悔しいとかそういう気持ちがある中で、いかに早く切り替えができるかが大事」/ 履正社 井上広大選手

2019年の甲子園に春夏連続出場を果たし、夏の選手権では、学校史上初の甲子園優勝を果たした、大阪府の履正社高校。 当時、チームの4番打者を任されていたのは、甲子園での3本を含む、高校通算49本塁打を記録していた、井上広大 … “「悔しいとかそういう気持ちがある中で、いかに早く切り替えができるかが大事」/ 履正社 井上広大選手” の続きを読む

「気持ちさえ変えることができれば、何とかなる」/ 津田学園 前佑囲斗選手

2019年の甲子園に春夏連続出場し、夏の選手権では、2大会連続で初戦突破を果たした、三重県の津田学園高校。 当時、チームのエースを務めていたのは、最速152キロのストレートを武器に、甲子園通算20奪三振を記録した、前佑囲 … “「気持ちさえ変えることができれば、何とかなる」/ 津田学園 前佑囲斗選手” の続きを読む

「警戒されても打つのが、本当のすごい打者だと思う」/ 山梨学院 野村健太選手

2019年の甲子園に春夏連続出場し、センバツではベスト16入りを、選手権には県大会4連覇を果たした山梨学院。 当時、チームの中軸を担っていたのは、甲子園での3本を含む高校通算53本塁打を記録し、「山梨のデスパイネ」と称さ … “「警戒されても打つのが、本当のすごい打者だと思う」/ 山梨学院 野村健太選手” の続きを読む