「事象が変わらなくてもそれをどう捉えるかは自分たちで変えられる」/ 米子東 福島康太選手

20年以上のブランクがありながらも、2019年の甲子園に春夏連続出場を果たし、見事、古豪復活を成し遂げた、鳥取県の米子東高校。 当時、チームの主将を務めていたのは、巧みなバッティングと鉄壁の守備でもチームを支えていた、福 … “「事象が変わらなくてもそれをどう捉えるかは自分たちで変えられる」/ 米子東 福島康太選手” の続きを読む

「悔しいとかそういう気持ちがある中で、いかに早く切り替えができるかが大事」/ 履正社 井上広大選手

2019年の甲子園に春夏連続出場を果たし、夏の選手権では、学校史上初の甲子園優勝を果たした、大阪府の履正社高校。 当時、チームの4番打者を任されていたのは、甲子園での3本を含む、高校通算49本塁打を記録していた、井上広大 … “「悔しいとかそういう気持ちがある中で、いかに早く切り替えができるかが大事」/ 履正社 井上広大選手” の続きを読む

「気持ちさえ変えることができれば、何とかなる」/ 津田学園 前佑囲斗選手

2019年の甲子園に春夏連続出場し、夏の選手権では、2大会連続で初戦突破を果たした、三重県の津田学園高校。 当時、チームのエースを務めていたのは、最速152キロのストレートを武器に、甲子園通算20奪三振を記録した、前佑囲 … “「気持ちさえ変えることができれば、何とかなる」/ 津田学園 前佑囲斗選手” の続きを読む

「警戒されても打つのが、本当のすごい打者だと思う」/ 山梨学院 野村健太選手

2019年の甲子園に春夏連続出場し、センバツではベスト16入りを、選手権には県大会4連覇を果たした山梨学院。 当時、チームの中軸を担っていたのは、甲子園での3本を含む高校通算53本塁打を記録し、「山梨のデスパイネ」と称さ … “「警戒されても打つのが、本当のすごい打者だと思う」/ 山梨学院 野村健太選手” の続きを読む

「楽しまなきゃ、やる意味がない」/ 八戸学院光星 武岡龍世選手

2019年の甲子園に春夏連続出場を果たし、夏の選手権では8強まで勝ち進んだ、青森県の八戸学院光星。 当時、チームの主将を務めていたのは、50メートル5.9の俊足と高校通算23本塁打の長打力に加え、安定した守備も武器として … “「楽しまなきゃ、やる意味がない」/ 八戸学院光星 武岡龍世選手” の続きを読む

「劣勢な時や思い通りに行かない時、どう行動をとるかで真価が問われる」/ 静岡 高木康成選手

1999年の甲子園に、センバツは19年ぶり、夏は12年ぶりで春夏連続出場し、共にベスト16入りを果たした、静岡高校。 当時、チームのエースを務めていたのは、夏の甲子園の初戦で、金属バット導入後の最多となる17奪三振を記録 … “「劣勢な時や思い通りに行かない時、どう行動をとるかで真価が問われる」/ 静岡 高木康成選手” の続きを読む

「高校野球って、力だけでは勝てない」/ 習志野 小川淳司選手

1975年の甲子園に春夏連続出場し、夏の選手権では、学校史上2度目となる全国制覇を成し遂げた、千葉県の習志野高校。 当時、チームのエースを務めていたのは、甲子園で3試合連続完封などを記録し優勝に貢献した、小川淳司選手であ … “「高校野球って、力だけでは勝てない」/ 習志野 小川淳司選手” の続きを読む

「自分にない力が出るし、持ってる力が出ない、甲子園ってとこは不思議なとこ」/ 浪商 香川伸行選手

1979年の甲子園に春夏連続出場し、センバツでは準優勝を成し遂げ、選手権では4強進出を果たした、大阪府の浪商高校。 当時、チームの中軸を担っていたのは、夏の甲子園での3試合連続本塁打を含む、高校通算41本塁打を記録した、 … “「自分にない力が出るし、持ってる力が出ない、甲子園ってとこは不思議なとこ」/ 浪商 香川伸行選手” の続きを読む

「練習の選択肢は選手が自分で選択してやっていくべきだと思う」/ 東北 ダルビッシュ有選手

2004年の甲子園に春夏連続出場し、センバツでは8強、選手権では16強まで勝ち進んだ宮城県の東北高校。 当時、チームのエースを務めていたのは、前年夏の甲子園で2年生ながら中心投手として準優勝へ導いたことで、注目を集めてい … “「練習の選択肢は選手が自分で選択してやっていくべきだと思う」/ 東北 ダルビッシュ有選手” の続きを読む