「努力は一生、栄光は一瞬」/ 智弁和歌山 高嶋仁監督

平成の時代に甲子園初勝利を挙げると、以降は全国制覇を筆頭に大躍進を遂げ、常勝軍団として名を馳せている名門、智弁和歌山

そんな智弁和歌山の強さの秘訣は、高嶋仁監督が作り上げた、真摯に努力に向き合う姿勢にあった。

高嶋監督の就任当時の野球部は、同好会のような位置づけであり、甲子園出場はもちろん、県大会での上位進出ですら夢の世界であった。

それでも高嶋監督は、前任の智弁学園時代に培った指導のノウハウで、時間をかけてチームを成長させていくと、遂には、全国の頂点も掴むまで育て上げた。

そうした功績もあり、県内や近畿圏などから、有力な選手たちが入部してくることもあり、チームは甲子園常連校としてのポジションを確立した。

しかし、高嶋監督は、選手層の厚さに過信をしたり、過去の実績に驕ることなく、謙虚に努力を続けた。

過去の栄光に浸ったり、実績に満足しては、更なるレベルアップはもちろん、現状維持すらできなくなるからだ。

こうした姿勢は、甲子園最多勝利監督という肩書きを得ても貫き、その背中で選手たちに、努力の重要性を学ばせていた。

高嶋監督が、身をもって伝えた努力の大切さは、智弁和歌山の伝統としてこれからも受け継がれていく。

智弁和歌山の記事はこちら。

【関連】箕島高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です