「練習のための練習をするのではなく、試合のための練習をすることが大事」/ 智弁和歌山 高嶋仁監督

努力というものは、正しく丁寧に取り組めば、必ず成長をもたらしてくれるものである。

一方で、結果につながる保証はなく、多くの場合、励んだ努力と同じだけの成果を手に入れることはできないものである。

そのため、努力に対する意識を高く持つことができず、作業をこなすような状態になってしまう人は多い。

しかし、常に本番をイメージして、真剣に努力に励まなければ、結果が出ることはなく、時間の無駄になってしまう。

そんな考えから、智弁和歌山を指揮していた、高嶋仁監督は、何気ない練習も、試合を意識することを求めていた。

高嶋監督は、全国有数の厳しい練習で、選手たちを徹底的に鍛え上げる、指導スタイルで、智弁和歌山を高校野球界を代表する名門へと育て上げた。

周囲からは、その練習量が注目されることが多いが、決して、膨大な時間の練習や、圧倒的な数のトレーニングが、成果をもたらしていのではない。

何気ない一瞬や一球に対して、試合を想定して取り組むなど、試合のための練習ができていたからである。

質の高い練習を沢山こなすスタイルで、全国屈指の強いチームへと育て上げた高嶋監督の伝統を受け継ぎ、智弁和歌山は更なる飛躍を目指す。

智弁和歌山の記事はこちら。

【関連】市和歌山の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です