「自分一人の力には限りがあるが、グラウンドやベンチやスタンド、みんなの心を一つにすれば無限の力となる」/ 広島新庄 宇多村聡監督

野球という競技は、相手より1点でも多く取ったチームが勝利となるため、攻守に渡って優れた技術を持つ選手が必要となる。

剛腕の投手に鉄壁の守備力のある野手を揃えて、失点を抑えたり、破壊力のある打線で、沢山得点を重ねれば、勝利に近づくからだ。

だが、チームスポーツであるため、どれだけ個人が優れていても、組織力がなければ、勝つことはできない。

仲間の長所を、お互いに尊重して、上手く組み合わさなければ、せっかくの高い技術が、発揮されないからだ。

そんな考えから、広島新庄を指揮している、宇多村恥監督は、控え選手や応援してくれる人も含めた、全員野球に拘っている。

広島新庄は、高校野球界では新興勢力ではあるものの、甲子園常連のため、優れた力を持った選手が、毎年、多く入学してくる。

しかし、宇多村監督は、一人ひとりの力には、限度があるとして、個人に頼ることはしない。

控え選手はレギュラー選手のために、レギュラー選手は控え選手や応援してくれている人のために、ベストを尽くすことを求め、全員で一球を追いかけるよう促している。

どこにも負けない全員野球のスタイルで、広島新庄は、学校史上初の全国制覇を目指す。

広島新庄の記事はこちら。

【関連】広陵高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です