「粛々と自分たちのやることを必死になってやろう」/ 北海 平川敦監督

人生では、目標に向かって懸命に取り組む過程で、必ず何かしらのトラブルに遭遇するものである。

挑戦の規模が大きくなり、行動量が増えれば増えるほど、出会す困難の数は多く、受ける影響も大きい。

その度に、苦しい想いをした、辛い気持ちになるため、頑張ることをやめたり、目標を諦めてしまう。

しかし、どんな状況になっても、目の前の課題に真摯に向き合い、コツコツと努力に励めば、栄光にたどり着ける。

そんな考えから、北海高校を指揮している、平川敦監督は、やるべきことを徹底して実行することを求めている。

平川監督は、勝利を追求しながらも、高校野球は教育の一環であるという見解から、人間形成を重視している。

そのため、野球の技術成長を目指す中で、辛抱強く努力に励むことの大切さや、頑張ることの素晴らしさを学ぶように伝えている。

もちろん、技術指導にも時間を割くが、強い人間性がなければ、上達はないとして、生活指導にも妥協はしない。

その結果、選手たちは、大舞台でも動じることなく、持っている力を存分に発揮できているのである。

北海高校の記事はこちら。

【関連】駒大苫小牧の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です