「甲子園をかけた戦いができることは幸せなこと」/ 鹿児島実 宮下正一監督

高校野球に関わる多くの人が、目標として位置づけたり、夢として目指すのが、聖地、甲子園球場である。

誕生から100年という長い期に渡り、幾多もの名勝負を生み出すだけでなく、名選手や名指導者を育て上げた場所でもある。

そんな甲子園という存在は、偉大であるが、誰もが挑戦できる権利を要するため、当たり前のものとして認識されつつある。

しかし、甲子園へのチャレンジすら許されない人や時代もあったことから、当然のこととして捉えてはならない。

そうしたか考えから、鹿児島実業を指揮している宮下正一監督は、野球ができることや甲子園を目指せることに、感謝を持つよう伝えている。

鹿児島実業は、創部100年を超える歴史に加え、県勢初の全国制覇を成し遂げるなどの実績も兼ね備えている。

その一方で、戦争や疫病の流行など、様々な事情により、甲子園に向けた戦いに参加できなかったOBも少なくない。

それを踏まえ、宮下監督は、甲子園日向かって頑張ることが許されている、恵まれた環境に感謝し、トライすらできなかった人の想いを裏切らないように、闘うことを求めているのだ。

宮下監督の教えを受け、様々な想いを大切に、野球に取り組む鹿児島実業ナインから、今後も目が離せない。

鹿児島実業の記事はこちら。

【関連】神村学園の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です