「失敗したら取り返しがつかないような状況では積極的にプレーできないんです」/ 慶應義塾 森林貴彦監督

失敗に対する恐怖心というものは、失敗という結果そのものよりも、一歩踏み出すことに迷いを与える。

失敗した際に味わう、 誰かに責められたり、惨めな気分を味わなどの怖さは、簡単には打ち消すことはできない。

しかし、失敗を恐れて、挑戦を躊躇っていては、成功を掴めることも、成長を得ることもない。

それに、例え失敗という結果で終わっても、経験という財産が残るなど、チャレンジは、決して無駄になることはない。

そんな考えから、慶應義塾を指揮している森林貴彦監督は、選手たちが挑戦しやすい環境づくりを重視している。

慶應義塾は、全国制覇を成し遂げた実績もある、高校野球界屈指の名門校であるため、OBやファンなど周囲から、毎年、期待が寄せられている。

そのため、選手たちにとっては、大きなプレッシャーとなることも多く、大舞台や大事な場面では、消極的なプレーになりがちであった。

そこで、日頃の練習から、チャレンジすることの素晴らしさを学ばせ、失敗しても、辛い想いをせずに済むサポートも、積極的に行うようにした。

その結果、選手たちは、挑戦から様々なことを学び、猛スピードで成長すると、試合でも、前向きなプレーが増え、名門の名に恥じぬ、結果を残せているのであった。

慶應義塾の記事はこちら。

【関連】桐光学園の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です