「執念とはボールに顔を近づけること」/ 明豊 川崎絢平監督

勝負事では、その分野のセンスの有無や、能力の高い低いなどが、勝敗に大きく関係するものである。

そのため、得意分野を伸ばすことに時間を割いたり、スキルアップの努力に汗を流す人は多い。

しかし、それらは持っているだけでは、役に立たず、発揮してはじめて、効果が生じるものである。

そのため、プレッシャーに屈することなく、トラブルにも動じない、強いメンタルを作る必要がある。

そんな考えから、明豊高校を指揮している川崎絢平監督は、技術と同時に、心を鍛えるよう促している。

川崎監督は、選手時代に全国制覇を経験しており、その際学んだノウハウなどを中心に伝え、甲子園出場に大きな苦戦をすることはなかった。

だが、全国では力があっても、心の弱さが原因で敗れるなど、思うような結果が残せずにいたことから、精神面を強くすることに力を入れた。

何気ないキャッチボールの一球にも、真心を込めて、顔を近づけて丁寧に捕球することを求めるなど、執念のあるプレーを意識させた。

その結果、チームは甲子園でも勝てるようになり、全国トップレベルの地位にまで、登りつめたのであった。

明豊高校の記事はこちら。

大分商業の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です