「人生は限られた時間の中で、どう最善を尽くすかがポイント」/ 沖縄尚学 比嘉公也監督

人生では、生まれた場所や過ごしている環境、持っている能力など、人それぞれに異なるため、スタートは平等ではない。

しかし、時間という概念は、寿命に個人差はあるものの、全員平等に与えられているものである。

つまり、時間さえ上手く使えば、ハンデをカバーしたり、マイナスの部分を克服したり、スタートの遅れを取り戻すことができる。

そんな考えから、沖縄尚学を指揮する比嘉公也監督は、選手たちに時間の使い方の重要性を伝えている。

比嘉監督は、選手時代に、中心投手として、県勢初の甲子園優勝へと導いた実績を残している。

当時のチームは、力のある選手が揃っていたものの、決して全国トップレベルの実力を兼ね備えていたわけではなかった。

だが、努力や練習の量以上に、内容や質にこだわり、生産性の高い日々を過ごしたことで、強豪校を次々と倒し、偉業を達成できたのであった。

こうした経験から、時間を上手く使うことができれば、力の差をなくしたり、高い目標であっても成し遂げられるとして、後輩である選手たちにも、その考えを継承している。

限られた条件に不満を述べるのではなく、可能性を見出して、チャレンジを続ける、比嘉監督沖縄尚学から、今後も目が離せない。

沖縄尚学の記事はこちら。

【関連】興南高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です